Sclaps!

スクラップス!メディアで活躍する人の情報サイト

僕達がやりました第7話のあらすじネタバレ感想。新しいトビオ?

8月29日放送の「僕達がやりました」の第6話のあらすじ、ネタバレ感想。

第7話視聴率:5.4% 平均視聴率:6.18%

第7話あらすじ

爆破事件の真犯人は、やはりトビオ(窪田正孝)たちだった――。
飯室(三浦翔平)に真相を突きつけられ、逃れられない罪の意識に苦しむトビオは、校舎の屋上から衝動的に飛び降りるが、骨折だけで奇跡的に命をとりとめる。

トビオが運ばれたのは、偶然にも市橋(新田真剣佑)が入院している病院だった。やけに明るいトビオの振る舞いに戸惑う市橋。実はトビオには、ある決意があった。
「死んだら、それで償おう。でももし生きたら、新しい俺を始めよう―」事件後、どん底を味わった自分は「幸せになってトントン」と言い聞かせ、罪の意識から逃れるように、今までとは違うトビオになっていく。

そんなある日、市橋から蓮子(永野芽郁)への思いを打ち明けられたトビオは、2人の恋を応援すると市橋の背中を押す。一方、心情の変化や入院の事を知らせず、ぷっつりと連絡が途絶えていたトビオに、蓮子は気をもんでいた…。

同じ頃、伊佐美(間宮祥太朗)は飯室が言い放った「一生苦しめ」という言葉に罪悪感をあおられ、事件の被害者たちの家を一軒一軒訪ねては遺影に手を合わせる日々を送っていた。マル(葉山奨之)は事件のことなど忘れたかのように、クラスメートとのんきにカラオケに出かける日常を取り戻していた。パイセン(今野浩喜)は、飯室から「お前は父親に愛されていない」と告げられたことで、「愛」を知らない空虚な自分に絶望。父・輪島宗十郎(古田新太)に会って愛情を確かめようと決意。
一度も会った記憶のない輪島のことが知りたいと、菜摘(水川あさみ)のもとを訪ねるが…。
僕達がやりました 番組公式サイトより引用

スポンサードリンク

第7話のネタバレ

学校の屋上から飛び降りたトビオ。
翌日、そのことを知った蓮子は菜摘に事情を聞きに行く。

トビオは木に引っかかり奇跡的に一命をとりとめる。
伊佐美にトビオのお見舞いに行かないのかと聞く今宵。
伊佐美は見舞いには行かないとただ今宵を抱きしめる。
マルですら気にかけている様子。パイセンは飯室に言われた父親に愛されていないという言葉を考える。

松葉杖をついて必死で院内を歩くトビオ。転んで杖を飛ばす。
それを拾ったのは市橋。同じ病院。
トビオは市橋に対して軽く接する。今までのように市橋に萎縮するトビオではなかった。
飛び降りた瞬間、このまま死んだら罪を償う。生きていたら、新しい自分を始めようと決めた。

一緒にリハビリを受けるふたり。トビオは異様明るい。調子のいい男子高校生になっている。
そんなトビオの変化を冷静にみている市橋。

蓮子の親友たちは、なぜ蓮子に連絡しないのかと問い詰めるが、わかっていると調子のいい返事のトビオ。
1人になったところで、蓮子とのメッセージを見つめ、真剣な表情になるトビオ。

蓮子はトビオが飛び降りた屋上に1人たつ。そこに菜摘がやってくる。
蓮子はトビオが言うように事故で落下したとは思えないという。
菜摘にあの事件が本当に終わったのか聞く蓮子。菜摘は終わったと言い切る。

伊佐美は爆発で亡くなった生徒の家を回る。
仲の良かった友達のふりをしている。母親に思い出ばなしをして安心させてあげる伊佐美。
会ったことのない生徒の仏前に手を合わす。立ち去った後ひとり嘔吐する伊佐美。
罪悪感から今宵をだけなくなった伊佐美。罪悪感を吐き出して再び今宵を抱きたい伊佐美。

パイセンは菜摘を訪ねるが、マルにみつかる。
パイセンの悩みを適当に聞くマル。マルはまったく罪悪感を感じていない。
ひどいめにあわせた向こうが悪いとマル。真実は闇の中と悪びれず笑うマル。
マルはパイセンを愛していると元気づけ、お金をせびる。

屋上でひとり松葉杖なして歩いてみる市橋。やはり転んでしまう。
そこにトビオ。女医のLINEをゲットしたと絶好調。リハビリに行く市橋に今夜迎えに行くとささやくトビオ。
今まで辛い思いをしたから、幸せになってトントンとトビオ。

帰宅途中の菜摘に声をかけるパイセン。
菜摘に輪島のことを聞く。
父親だが会ったことがない、愛人の子だと知る菜摘。パイセンは菜摘に聞く。
菜摘が子供の頃、実家の工場の資金繰りが苦しくなり、輪島からお金をかりた父。しかしその1年後両親は自殺。借りたお金は生命保険のお金で返済。
返済能力のない人間にお金を貸し、命にかえてお金いしている。
菜摘は両親の葬儀で小さなパイセンに会ったことがあって、パイセンの事は知っていた。
ずっと探していた菜摘。そんな時に学校でパイセンと再会した。
爆発事件の時、弁護士の西塚が動いているのを見かけ、近づいたという。
パイセンは必ず父親を見つけて愛情があるか聞きたい、そして菜摘にも知らせる。菜摘に憎しみをぶつけたらいいとパイセン。

夜、市橋を連れ出すトビオ。警備員を買収するトビオに口元がゆるむ市橋。
二人でカラオケに出かける。
市橋は自信のないヤツは嫌い。そう思っていたが今のトビオを見て違うと思う。
市橋は「トビオ」と、名前で呼ぶ。二人は一緒に歌をうたう。

すっかり仲良しになった市橋とトビオ。
翌日に退院を控えたトビオ。看護師とのデートを取り付ける。
蓮子の想いを知る市橋は、蓮子について聞く。蓮子に告ったことを話す市橋。
トビオはお似合いだと市橋を応援すると言う。

菜摘は飯室とばったり出会う。トビオが飛び降りのは飯室のせいだと菜摘。
菜摘と輪島のことを把握している飯室。トビオに死なれなくてよかった、事件は終わらせないと言う飯室。

夜中、蓮子のことを考え眠れないトビオ。
蓮子もスマホを眺める。するとメッセージが届く。

外で蓮子と待ち合わせをした市橋。よくなって良かったと蓮子。
トビオをいいヤツと言う市橋。

ちょうどそのころ、女医とデートするトビオ。女医からトビオにキスをする。

やっと罪悪感を吐き出した伊佐美。
その頃自宅で妊娠検査薬をみつめる今宵。今宵は妊娠していた。

パイセンからお金をもらって浮かれているマルに襲いかかる男。
市橋に戦わされた男子生徒。金属バットでマルの頭を殴る。

父親を探し繁華街をまわるパイセンに声をかける飯室。
どこにいるのか知っていると飯室。

デートから帰ったところを蓮子に目撃されるトビオ。
蓮子は連絡しなかったことを問う。蓮子の問いに軽く交わすトビオ。
市橋とのデートを聞くトビオ。デートではなく市橋の祖母のお見舞いだったと蓮子。
市橋にキスされたと言い、トビオの反応を見る蓮子。鼻歌を歌うトビオ、そして不意打ちのキス。
今のキスは嫉妬のキスとトビオ。トビオを家に誘う蓮子。

自分の気持にフタをしても新しい自分にはなれないと気付いたトビオ。
蓮子にやさしくキスする。そして蓮子を抱く。
初めてであること、トビオを好きということも本当だと蓮子。
そんな蓮子に泣き出すトビオ。本当に幸せだとトビオ。涙しながら蓮子に付き合おうとトビオ。

スポンサードリンク

第7話の感想

病院で顔に白い布をかけられたトビオ。
生きているというオチだがめくったときの顔が面白い。
窪田正孝にしかできない最高の面白顔。そのあとの真剣な顔のギャップが最高。
伊佐美が遺族のために思い出ばなしのいい話かと思いきや、性欲のためだった。
伊佐美らしいといえばらしい。
新田真剣佑のせつなくて、かなしそうな繊細な表情が素敵。
この表情も彼にしか出来ない表情と言っても過言ではない。
チャラい窪田正孝も絶賛もの演技。最高のノリのよさ。
市橋のビブラートが面白い。真面目な顔してしっかりビブラート。
リハビリにで叫ぶトビオ。やかましすぎる熱さ。
トビオと蓮子の気持ちが通じて素敵な展開。
しかし、今宵は妊娠している。もしかしてトビオの子!?

 

 

 第6話 ≪PREV | NEXT≫ 第8話

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

CRISIS第1話のから最終回までのあらすじとネタバレ感想
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子第1話から最終回までのあらすじネタバレ感想
ON原作は?波瑠が民放連ドラ初主演。ホラー要素満載?な藤堂比奈子

 - 火・僕達がやりました