Sclaps!

スクラップス!メディアで活躍する人の情報サイト

ハロー張りネズミ第5話あらすじとネタバレ感想。怪奇な事件の依頼2

ハロー張りネズミ大

8月11日放送の「ハロー張りネズミ」の第5話のあらすじ、ネタバレ感想。

第5話視聴率:6.7% 平均視聴率:7.36%

第5話あらすじ

北村家に巻き起こる怪奇現象について調べるゴロー(瑛太)と河合(蒼井優)。河合曰く、和室にある床柱から霊気があふれており、それが発端となっているという。
一方、同じく床柱について調べていたグレ(森田剛)は、北村(内田慈)の別れた旦那に話を聞きにいく。聞けば、あの床柱は旦那のお気に入りで、わざわざ辺境の地から取り寄せたものだという。それを聞いたゴローと河合は、さっそくその場所を訪れ、調査を開始する。すると、その床柱は、ある祈祷師の怨念がつまったものだと知り…。

ハロー張りネズミ 番組公式サイトより引用

スポンサードリンク

第5話のネタバレ

大きな手に襲われてから夢でもうなされる五郎。
寝ていた車内から家に入ると中で河合が朝ご飯を作っていた。
家庭的な河合。女子力が高い。
朝食を食べながら、幽霊が怖くないのかと聞くが、慣れたと河合。
幽霊より人の念がみえることが怖いという。
そしてあの和室にいるのはただの幽霊とは違うから厄介だと言う。

床柱のはどこから運ばれたのかを調べるグレ。
工務店によると、北村の元夫が持ち込んだものだと言う。

そして、七恵をなぜ1人で留守番させているのか疑問な五郎。
かつて雇ったシッターがなぜなじめなかったのかを調べる蘭子。
シッターをしたことのある女性はあの家が怖いという。
突然シャワーがでたり、足音がしたり、ドアがあいたり包丁が散らばっていたりと怪奇現象にあったという。

元夫に話を聞くグレ。家を建てる際、意見が却下されてきた元夫。
アウトドアが好きな元夫は山歩きのとき、廃屋を発見しその中であの柱だけが光っていた。
そして不動産屋に譲ってもらったと言う。元夫唯一のこだわり。

仕事場で絵を書く七恵。黒いクレヨンで塗りつぶし、何かをつぶやいている。

廃屋のあった奥多摩へ向かう五郎と河合。
廃屋の前で地元の人に出会い話を聞く。こんなお化け屋敷は売れないと言う。
祈祷師の女性が住んでいたという。祈りの声や釘を打つ音が聞こえていた。
その女性はその家でなくなり、その亡骸はカラスがつついていたほど荒廃していたという。
家に入る二人。床柱にあった柱は、呪いの藁人形を打っていた柱だった。何人も呪いをかけていたと河合。
家が建った時は祈祷師の力で封じ込められていたが、霊能力の強い七恵が成長するにつれて悪霊が目を覚ましたという。
そして七恵が1人になった時に悪霊が現れたという。

仕事場で母親に話しかける七恵。イライラした北村は七恵に怒鳴る。
家に帰りたい七恵。悪霊は七恵をあっちの世界に連れて行こうとしている。
七恵は包丁を手にとる。顔にはどんどん赤い湿疹のようなものが現れる。
包丁を持ったままフラフラと外をあるく七恵。

家に戻る五郎達。河合は七恵に協力してもらうと言う。
先に家にもどった七恵。悪霊を封じ込めている縄を外してと言う柱。
七恵は縄をはずす。中から白い着物を着た女性のが出て来る。
その女性と話す七恵。友達だという幽霊。
七恵の母をお仕置きするという。七恵の持ってきた包丁を手に取り、空間を刺す。
その頃仕事場で北村は痛みに悶える。
そして七恵に一緒に遊ぼうと手を差し出す。七恵の手を掴みあっちの世界に引き込む。
痛みに悶ながら、北村は七恵がいないことに気づく。
察した河合は五郎に急ぐように言う。和室には七恵の背負っていたうさぎのリュックだけが落ちていた。

家に到着したときにはすっかり日が暮れていた。
白装束に着替えた河合。化物退治をすると意気込む。
ドアの取っ手が激しく動く。中に入ると部屋は霊気で満ちて寒い。
床柱の中に七恵がいると言う。七恵を先に救い出してからでないと悪霊と戦えないという。
お経を唱えると、七恵の足が見えてきた。足をつかまえる五郎。なんとか七恵を救い出した五郎。
そして大きな手と戦う。手は北村の顔になり、そして本当の姿を現す。
大きな顔とたたかう。七恵の力も借りてお経を唱える河合。
柱は破裂し、終わったと河合。
北村も駆け込んでくる。七恵を抱きしめる北村。寂しかったと言う七恵。
泣きながら抱き合うふたり。

事務所でみんなに報告する五郎。
悪霊は本当にもういないのかとかほる。
北村は自宅を仕事場にして、これからは七恵と一緒に過ごすことに。
仕事場で七恵に優しい笑顔を向ける北村。アシスタントともいい感じに。
床柱のあった和室は洋室にリフォームされて七恵の部屋になっている。七恵がどうしてもそうしたいと言った。

河合に会いに行く五郎。蘭子も河合に会ってみたいと一緒に行くことになり、二人きりで会えないことにすこしがっかりする五郎。
河合の書道教室。そこにいるたくさんの子供たちはみんな河合の子供だという。
河合は旦那はいない。浮気男だから追い出したという。
蘭子の心を覗いた河合は、蘭子は五郎に好意をもっているようだと言う。

 

スポンサードリンク

第5話の感想

奥多摩へ向かう五郎の車を空撮している映像が綺麗。
緑がとても美しい。そんな山奥にある廃屋は不気味さを増す。
ヒステリックな北村も怖いが、七恵の前に化けてでた北村も怖い。
何かにとりつかれたような目の七恵。その演技が子供ながらも怖い。迫真の演技。
ドラマと解っていても怖い。柱から聞こえる声。演技だとしてもゾッとする。
幽霊役の役者がかなり怖い。表情も無表情で怖すぎる。生気のない姿はまさに幽霊。
お経を唱える蒼井優の霊媒師姿がかっこいい。
大きな手が、北村の顔になり、さらに祈祷師の顔になるなど本格的なホラー。
河合は子沢山な母親だった。
この依頼の間、子どもたちはどうしていたのかは疑問。
蘭子と五郎のこの先の展開も気になる。

 

 

第4話 ≪PREV | NEXT≫ 第6話

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

リバース第1話から最終回のあらすじとネタバレ感想
下剋上受験の第1話から最終回までのあらすじとネタバレと感想。
砂の塔の第1話から最終回までのあらすじとネタバレ感想。

 - 金・ハロー張りネズミ