Sclaps!

スクラップス!メディアで活躍する人の情報サイト

ハロー張りネズミ第8話あらすじとネタバレ感想。男二人旅、涙の物語

ハロー張りネズミ大

9月1放送の「ハロー張りネズミ」の第8話のあらすじ、ネタバレ感想。

第8話視聴率:8.1% 平均視聴率:7.49%

第8話あらすじ

ある日、ゴロー(瑛太)とグレ(森田剛)が、赤塚一番通り商店街の中華屋へお昼を食べに行くと、そこで働く無愛想な料理人・栗田精二(國村隼)と出会い、生き別れになった自分の娘・朋美(松本若菜)と息子を探してほしいとの依頼を受ける。
栗田は妻と死別し、男手一つで子供たちを育てていたが、その後、訳あって離れてしまったと言い、蘭子(深田恭子)が聞くと、かれこれ25年も会っていないという。子供たちと離れた理由は聞かないでほしいという栗田。手がかりとなるものは、10年前くらいに娘から届いた手紙だけだ。
調査に乗り気でないゴローだが、かほる(山口智子)に促され、「とりあえず車で手紙にある住所へ行ってみる」と答えると、栗田は自分も連れて行ってほしいと申し出る。
その翌日、待ち合わせ時間に栗田が「あかつか探偵事務所」を訪ねると、グレが栗田を迎えた。

ハロー張りネズミ 番組公式サイトより引用

スポンサードリンク

第8話のネタバレ

お昼ごはんに何を食べるのか悩む五郎。
昼ごはんは働く男にとって重要と熱弁。
グレは映画をみて涙する。「幸せの黄色いハンカチ」は最高とグレ。人情物語に号泣。

グレと五郎は中華屋に入る。
そこでも高倉健の話。それを聞く店主。
グレは濃い味が最高。五郎には濃すぎると言う。
帰りがけに店員に聞かれ自分たちは探偵だと話す。それを小耳にはさむ店主。

事務所の前にとめてある古い車。先程の店主はその車の良さが解る。
そして、依頼に訪れた。栗田という男は生き別れた子供たちと会いたいという。
息子はわからないが、娘の前の住所なら解るという。ハガキを見ながら伝えるが、住所以外は隠している。
そして、訳は言いたくないと頑なに拒否。
車でさっと調べるという五郎に、栗田はその車に一緒にのって行きたいという。

五郎はお腹が急に痛くなる。
栗田が五郎が好きなのではともりあがるかほる。蘭子も五郎がいい体というのに同意すると二人の付き合いを追求される。
五郎が腹痛のため、ピンチヒッターのグレ。

住所の看護師の女子寮。話を聞くと、昔の事過ぎてわからないが、ツテはあるという。
グレは話をあわせ、栗田は命を救われたお礼を言いたいと上手く聞き出す。
相手のタイプを見て上手く嘘をつくグレ。栗田は納得行かない。
栗田の娘の住所を知っている昔の寮母。朋美の住所を教えるのは個人情報なのでと渋る。
父親である証拠をみせてと寮母。ハガキは刑務所あてに朋美から出されたもの。
出所しても訪ねてこないでと書かれてあった。殺人で刑務所にいた栗田。
朋美が会いたくないと言っているなら住所を教えられないと寮母。

車に戻り、事情があるなら話しておいてとグレ。
人のプライバシーに立ち入るがプロだから秘密を守るとグレ。
亡くなった妻とふたりで借金して中華料理屋を始めた。
妻が亡くなったあと、子どもたちに嬉しそうにチャーハンをつくる栗田。
そんな時、息子たちの前に昔の悪い仲間の男がやってくる。ヤクザが出入りする店になってしまう。
それからは一般のお客さんはすっかりこなくなった。
ある日、最初に来た男は、ラーメンのスープにめちゃくちゃなものを入れた後、家族の大切な写真まで煮込んだ。
許せずに男を刺した栗田。子どもたちが帰ってきてその様子を目撃してしまう。
このまま子どもたちは自分を忘れたほうがいいが、ちゃんと謝罪したいと思う栗田。
その話を聞いたグレは寮母のもとへ戻り土下座する。

車に戻ったグレは朋美の年賀状を持ってもどる。土下座した事は言わないで余裕そうにする。
膝の土をみて察する栗田。年賀状には朋美の家族写真。嬉しそうに眺める栗田。

居酒屋で食事する二人。グレも傷害で少年院に入っていた。
どことなくお互いがわかる。グレは運転があるからとお酒を飲まないが、このあたりで泊まればいいと栗田。
仕事が終われば伊豆の海岸に行きたいという。昔子どもたちを連れて行った。妻と一緒に。あの海がみたいと栗田。

翌日朋美の家を訪ねる。様子を見に行ったグレは間違いないと一軒の家を教える。
近くに止めた車の中から様子をみる二人。娘とその子供たちが出てくる。
これで十分と栗田。しかし、ゴミ捨てにやってきた朋美はグレたちの車の前で立ち止まる。
それは海に来た時に乗っていた車と同じ。立ち止まった朋美は車内に目を向ける。

家に招き入れる朋美。遠くから姿を見て帰ろうとしていたとグレ。
栗田は朋美に謝罪する。それが言いたかったと栗田。
朋美は幸せに暮らしているからそっとしておいてと話す。
グレは兄にも謝りたちと言うが、朋美は兄の居場所を伝えることはできないと断る。
グレは名刺を渡し立去る。最後まで目を合わさない朋美。
しかし、グレは帰る前に機転を利かせお願いをする。最後に朋美に栗田のチャーハンを食べてとお願いする。

チャーハンを食べる朋美。涙を流し食べる朋美。子供の頃言ったように、「宇宙一美味しい」とつぶやく。
朋美はこのチャーハンを兄にも食べさせてあげたいという。
朋美は兄の住所を渡し、自分から話しておくといい別れる。

車にもどるグレと栗田。そのまま路上で倒れる栗田。
病院に連れて行くと、脳腫瘍だという。こんな状態で連れ回すのはいけないと先生。
何も言わない栗田に怒るグレ。先生に紹介された病院に向かおうとするが、手の施しようはないから病院にはいかないと栗田。
息子のところに行きたいと栗田。

グレは朋美に連絡し、兄に映画のように黄色いものを目印に用意して欲しいとお願いする。
栗田を車内に残し、集合住宅のベランダを探すグレ。黄色いハンカチはどこにも干していない。
車に戻ると、意識が朦朧としている栗田。
栗田はグレに聞く。グレは黄色いハンカチが沢山あった、息子に会いに行こうと声をかける。
そのままこと切れた栗田。

五郎は朋美と兄と話す。遺骨を胸に抱く朋美。栗田のお葬式。
兄は父を許すとかでなくもう忘れたという。しかしこれを機会に考えたいと兄。
葬式にでないグレ。かほるはグレなりの弔い方があるのではと言う。

グレは栗田の思い出の砂浜にいた。
砂浜で沢山の黄色いハンカチをつけた棒を立てる。
棒から放射状にむすばれたロープには沢山の黄色いハンカチ。
「おっさん、見えるか。」
叫ぶグレ。

 

スポンサードリンク

第8話の感想

普段適当で調子のいいグレだが、さすがプロの探偵。
押さえるポイント、話を聞き出すときの顔が真剣でカッコイイ。
栗田には人に言えない事情があるが、グレを信じて任せるしかない。
しかしグレという男を知った栗田は自然と信頼し始める。
あかつか探偵事務所の車は幸せなときに栗田が乗っていた車。
そこは縁のようなものを感じても仕方がない。
泣きながらチャーハンを食べるシーンが感動的。グレも涙にも心うたれる。
倒れたあと、息子に会いたいという栗田のせつない表情は流石名俳優。
國村隼の演技が最高に素晴らしい。
最後に砂浜にはためく黄色いハンカチがとても美しい。
きっと栗田にも見えているとしか思えない。
グレが主役の感動の物語。

 

 

 

第7話 ≪PREV | NEXT≫ 第9話

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

リバース第1話から最終回のあらすじとネタバレ感想
下剋上受験の第1話から最終回までのあらすじとネタバレと感想。
砂の塔の第1話から最終回までのあらすじとネタバレ感想。

 - 金・ハロー張りネズミ