Sclaps!

スクラップス!メディアで活躍する人の情報サイト

レンタル救世主第9話あらすじネタバレ感想。解散の危機に戦う明辺達

レンタル救世主 大

12月4日放送の「レンタル救世主」の第9話のあらすじ、ネタバレ感想。

第9話視聴率:5.9% 平均視聴率:7.19%

第9話あらすじ

署名した離婚届を紫乃(稲森いずみ)に預け、家を出た明辺(沢村一樹)。彼は、金城(堀部圭亮)の病院で手術を受けることに。
レンタル救世主を潰そうとする千太郎(小出恵介)と手を組んだ黒宇(大杉漣)の裏切りにより、葵(藤井流星)、ロイ(勝地涼)、いろは(中村アン)が冤罪で逮捕されてしまった。世間でのレンタル救世主のイメージは失墜。零子(志田未来)は葵たちの無実を訴えるが、孤立無援だった。

零子一人になったレンタル救世主のオフィスに、明辺を訪ねて柿本(梶原善)がやってくる。柿本は、明辺に1億円の借金を背負わせた張本人。しかし医者から余命を宣告されたという柿本は、死ぬ前にやりたい5つのことをレンタル救世主に手伝ってほしいと零子に依頼する。
一方、千太郎が開発したレンタル救世主の代替アプリ「ヘルプール」は、大ヒット。ヘルプールを使って、人々に思いやりの精神を広めるという野望を抱く千太郎。彼は会社を零子に譲った後、市長になる計画を着々と進めていた。零子は会社を引き継ぐ条件として、葵たちの釈放と、黒宇がなぜレンタル救世主たちを騙していたのかを説明することを千太郎に要求する。

数日後、葵たちが釈放される。零子が警察まで迎えに行くが、葵たちは零子を裏切り者とみなして冷たい態度を取る。零子は、レンタル救世主のメンバーと黒宇を引き合わせようと考えていた。零子から連絡を受けた明辺もオフィスに駆け付け、レンタル救世主のメンバーが久々に集結する。そこに、黒宇が現れる。黒宇は明辺たちに、レンタル救世主を設立した経緯を明かし、レンタル救世主の役目は終わったと告げるが…。
レンタル救世主 番組公式サイトより引用

スポンサードリンク

第9話のネタバレ

明辺は手術の同意を貰えずに先生のもとへ。
手術の時、自分人生を振り返る明辺。

零子はひとり事務所に残される、
ハイジや薫、零子はレンタル救世主の無実を訴える。
千太郎のせいで犯罪者にされたレンタル救世主。

明辺に借金を背負わせた張本人は依頼に訪れる。
余命宣告を受けた柿本は手伝って欲しいという。

レンタル救世主にとってかわる「ヘルプール」をアピールする千太郎。
ヘルプールは世間に受け入れられる。
千太郎は善意は暴走する、自分が市長になり革命を起こすと千太郎。零子は不安を抱える。
葵たちを釈放してと零子。そして説明をもとめる。
それが会社を継ぐ条件。

出てきた葵達にあやまる零子。しかし葵たちは零子を敵として見ている。
黒宇を呼び出したと零子。レンタル救世主たちを集める。

明辺は無事退院。黒宇に事情を聞くために集まった救世主たち。
黒宇が現れる。千太郎の統合を断るから、レンタル救世主を悪者にしたと言う。
最初から千太郎に雇われていた、レンタル上司。
二人で本気で人助けをしようとした。過去に話したのは黒宇一人だけではなく千太郎も同じく叩かれていたのだった。
そこからヘルプールの構想をねったという。
偽善者と言われたくないのが人間。救世主を探すのには苦労した。それぞれ理由がある人間をピックアップした黒宇。
役目は終わりだと黒宇。
明辺はまだ終わっていない、依頼してくれる人がいると言う。
レンタル救世主がヘルプールより勝っているところは皆無だと言う。
零子が釈放の代りにイカソリッシュの社長になったと言ってしまった明辺。
そんな零子のためにも最後の依頼をやり遂げようと言う。

依頼者が柿本だと聞いて大騒ぎする明辺。
明辺のお陰で命が助かったとお礼をいう柿本。しかし余命宣告を受ける。
柿本のやりたいことをこなしていく。

柿本と食事する明辺。余命宣告を受けて、明辺に会いにレンタル救世主に来た。
最後の願いは妻へのためのものばかり。
頼まれてはいないが妻に会わせてあげたいと明辺。

紫乃はいろはに相談。今まで悩んでいたことをヘルプールにSOSを出していると言う。

黒宇の娘は入院している。めずらしい血液の娘は手術を待っている。
ヘルプールがあるからすぐみつかると言う。
妻の幸子のヘルプールへの呼びかけを賛同しかねると千太郎。

いろいろと柿本の望みを叶えていく。妻に猫を返して欲しいと柿本。
柿本が帰ったあと明辺はひらめく。一緒に元妻のもとに行くように仕掛ける。
待っている妻は既に連れ子のいる人と再婚したという。幸せそうな妻の顔に喜ぶ柿本。

立去る柿本に声をかける元妻。文句を言う元妻。
嘘っぽいと言われ練習した笑顔を見せる柿本。元妻は柿本を平手打ち。そして抱きしめる。
柿本は妻を抱きしめる。保留になっていた世界一の美女を抱きたいという願いも叶った。
幸せになれよと柿本。昔から幸せだったと元妻。
心からの笑顔の柿本。

柿本は田舎で大根をつくり余生を送る。そしてより長く生きるとメッセージを送る。
顔を見て話さないと本当の依頼は解らないと明辺。今回も最初の依頼とは違っていたが、本当の希望は妻に会いたいということだった。
それがヘルプールより優れているところと葵。
助けてと言えない人を余計なお世話をしても助けてあげるのがレンタル救世主のいいところと明辺。

娘の幸子は容態が急変。ヘルプールで今日中でと依頼。
血液提供者見つかったと連絡。しかし病院のロビーには幸子を助けようと運動する人びとでごったがえす。
本当にあいたい血液提供者が見つからない。

結局、輸血は望めなかった。いつなにが起きる状態か解らないと先生。興味本位で訪れた若者を見た黒宇は絶望する。
黒宇は本当の善意がわからないという。
妻の見舞いに行ってやれと黒宇。
しかし千太郎は市長になる準備を進める。

今日からイカソリッシュの社長になると零子。ヘルプールに登録すれば一緒に仕事ができるというが、レンタル救世主以外ではやりたくないと、いろはたち。
零子へ誕生日プレゼントを渡す。感動で泣き出す零子。

病院に呼び出される明辺。今度は胃に影がある。
ロイは街なかの子供のプラモを直す。子供はいくら払えばいいと聞く。
街中では報酬が発生しないと助けない人びとが増発。

明辺は余命3ヶ月と宣告される。

スポンサードリンク

第9話の感想

今までいい上司のように見えていた黒宇だが、とたんに悪役にみえてくる。さすがの演技。
柿本のおおげさにまで下手くそな関西弁。
そこまで下手にするのも難しいと思う。
零子のラップがかなりソウルフル。女優魂を感じる。
レンタル救世主が勝っているのは血の通っているところ。
ヘルプールはたくさんの人の手を借りられるが、中には親切心が邪魔することもある。
きちんと向き合えないこともある。
今まで無償でおこなっていた親切が、報酬が発生するために偽善者と呼ばれることはなくなったが、お金が発生しないと助けない世の中にもなってしまった。

 

 

第8話 ≪PREV | NEXT≫ 最終回

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

レンタル救世主の原作は?注目の藤井流星や福原遥など出演ドラマとは
福原遥 なめこのうたのかわいい少女がドラマ主演女優の美少女に大変身
そして、誰もいなくなった第1話から最終回までのあらすじとネタバレ感想

 - 日・レンタル救世主