Sclaps!

スクラップス!メディアで活躍する人の情報サイト

貴族探偵第9話のあらすじネタバレ感想。切子の死の真相と美しい遺体

貴族探偵 大

6月12日放送の「貴族探偵」の第9話のあらすじ、ネタバレ感想。

第9話視聴率:8.4% 平均視聴率:8.72%

第9話あらすじ

喜多見切子(井川遥)の死の真相、そして貴族探偵(相葉雅紀)の関わりを追う高徳愛香(武井咲)は、政宗是正という人物にたどり着く。愛香に頼まれた鼻形雷雨(生瀬勝久)が、政宗を警察庁のデータベースで調べると、シンガポールを拠点に黒い活動をする人物という以外、一切が貴族探偵と同じように謎に包まれた人物だった。
愛香は鼻形と、切子の遺体が発見された渓谷に花を手向けに行く。切子は上流の山道から転落して流された事故死とされていたが、当時の関係者は遺体には目立った外傷がなかったと証言していた。鼻形は近くの喫茶店に後輩の警官を呼び出し、当時の資料を持ち出すよう頼む。
その喫茶店に、作家の大杉道雄(小市慢太郎)がいることに鼻形が気づく。鼻形は大杉の妻で、元女優の本宮真知子(高岡早紀)のファンだったのだ。愛香が止めるのも聞かずに鼻形は大杉にサインを求めに行くが、あっけなく断られてしまう。

そんな時、鼻形の携帯が鳴る。貴族探偵の執事、山本(松重豊)からだ。山本によると、貴族探偵が珍しい蝶を探していると愛犬のシュピーゲルが女性の他殺体を発見したと言う。
愛香たちが指定されたキャンプ場に行くと、貴族探偵の天幕が張られている。貴族探偵はまたしても事件の謎解きを愛香に求めてきた。
殺害されたのは水橋佐和子(田中千絵)。真知子の妹だ。佐和子は夫の洋一(山中崇)、大杉夫妻、友人の堂島尚樹(中村俊介)とキャンプ中に殺害されたのだ。そのあまりに美しい遺体の姿に貴族探偵は目を奪われる…。

貴族探偵 番組公式サイトより引用

スポンサードリンク

第9話のネタバレ

大杉という作家がテレビ番組ではなす。
小説は世相を反映させると大杉。
それをテレビでみている義弟。見習いたいねという義弟にそうねと答える妻。

帰ってきた大杉。妻は今年も全員で集まれると声をかける。
写真立てには5人の男女が楽しそうにしている写真が。

切子の遺体発見現場に花を手向ける愛香。当時の救急隊員はあんなきれいな遺体は見たこと無いという。

キャンプ場で楽しむ男女。先程の写真の男女。
大杉夫妻と、義弟の水橋夫妻。そして堂島という男。
堂島の参加をよく思っていない水橋。妻は楽しそう。
妻は永遠の愛について話す。大杉の小説の一節、花かんむりをかぶせるというところが気に入っている。

燻製ができるまで、いつものカフェでのんびりすると1人で車でその場を離れる。
古式蝶を探しにいく水橋夫妻と堂島。

鼻形は後輩の警官に切子の事故当時の資料をもってこいと強要する。
そこは大杉た向かったカフェ。大杉に気がついた鼻形。
妻は、元女優。鼻形は妻の真知子のファン。

蝶を探しに行った3人。水橋の妻の佐和子が突然姿をくらます。
佐和子は1人でワインを飲む準備をしている。そこに現れた人に笑顔を向ける。

鼻形はサインを求めるが、大杉はサインを断る。すると鼻形に着信。
それは山本から。山本は珍しい蝶を貴族が探しに来ていて、シュピーゲルが女性の他殺体を発見したという。

花かんむりを被せられ美しい遺体。その遺体にみとれる貴族。
それはまぎれもなく水橋の妻、佐和子だった。

鼻形は貴族と再会し、丁重にお詫びする。
愛香も同行。こんな山奥でふたりで何をしていたのかと聞く貴族。
この事件の謎をといてと貴族。

佐和子の遺体を見て、取り乱す夫。堂島は口をむすび、真知子に電話する。
知らせをきいた真知子は驚く。堂島は、クビをしめられ、花かんむりをのせられていたと話す。
青ざめる真知子。

関係者のアリバイをまとめる。
大杉の小説のように、花のかんむりをかぶって愛する人に殺されたいと言っていた佐和子。
いつものように雑な推理をする鼻形。

真知子に話しを聞く貴族。佐和子は真知子の妹。
鼻形や愛香も事情を聞く。大杉は、過去に堂島と佐和子と付き合っていた時期があったという。

大杉のお土産のアップルパイ。それを切り分けろと佐藤に指示する。
ナイフを探すがナイフはキャンピングカーの中にはみつからなかった。
さらに葉巻をすおうとする貴族に大杉夫妻はタバコがだめだからと遠慮してもらう真知子。

佐和子の夫は美しい妻と一緒にいられるなら多少の浮気は容認していた。
佐和子は夫に、永遠の愛を誓える運命の人を見つけたと言って離婚を切り出していた。

堂島は佐和子と付き合っていたことを認め、運命の相手を見つけたと言う佐和子と別れた。
蝶を探す前に、堂島はスムージーを作っていて、いたずらをしかけ全員にかかる事態が発生していた。

真相に気付いた愛香は推理を披露。
犯人は花のかんむりの話しを聞いていた人物。
佐和子はワインを注いているときに首を締められた。犯人の服にはワインのシミがついているはずだと愛香。
着替えていない堂島と水橋はシロ。着替えたのは大杉夫妻。
犯人は大杉だと愛香。カフェでみかけた大杉はタバコを吸おうとしていた。
夫婦でタバコを吸わないといっていた真知子。
過去に大杉のそっくりが無銭飲食でつかまったという事件があり、そのそっくりさんを利用していたと推理。
カフェで大杉のそっくりさんを愛香がみかけた頃、本物の大杉は佐和子と会っていた。
愛香は鼻形がサインをもらうために渡した色紙の指紋を証拠にドヤ顔。
しかし、指紋はその場にいる大杉のものと一致。

推理の続きをする佐藤。
大杉は犯人だが、愛香の推理はちょっと違うと指摘。
カフェにいたのも、今目の前にいるのも大杉のそっくりさん。
本物は今も別の場所。山本と田中がLIVE中継でつながっている。
この場所に山本と田中もいる。さっきからそこに立っていたは山本と田中のそっくりさん。

佐和子を殺害した大杉は入れ替わるはずだったが、キャンプ場にもどったのはそっくりさん。
山本と田中はシュピーゲルに臭いをかがせ本物を探す。
そこには大杉の遺体が。川辺で背中を刃物で刺されている。

そっくりさんに容疑をかける鼻形。しかしそっくりさんが犯人なら戻ってこない。
共犯者がいると愛香。
そっくりさんと合流した大杉を他の犯人が後ろから刺す。
その犯人に本物として戻るように指示されたそっくりさん。
妻が大杉のそっくりさんに気がつかないわけがないと愛香。
犯人は妻の真知子。だからキャンピングカーのナイフがなかった。

純愛小説家の大杉は、妻の妹と不倫していたとわかれば一大事。
真知子は妹の不倫に気付いていた。大杉に佐和子を殺すように言った。真知子が全て計画したこと。
大切にしてきた妹に最愛の夫を奪われた真知子。
最初は妹だけを殺すつもりだった真知子。
その遺体に花かんむりを被せた大杉。心まで妹に奪われていたと知った真知子は夫を殺害。
真知子は持っていたナイフで自殺を図ろうとするがそれをとめる貴族。

後輩から実況見分調書を受け取る。その封筒には貴族の封印。
この事故をまとめるのに本庁から鈴木という人物がわざわざ来たと話す後輩。

貴族のもとを訪ねる愛香。
愛香は切子のなくなった場所にいくと、他にも花が手向けてあったと話す。

愛香は貴族に、切子を殺した政宗是正だと言う。
貴族は否定も肯定もせず、つくったばかりの花かんむりをかぶせる。

スポンサードリンク

第9話の感想

鼻形は後輩にお願いするが、渋られ、あまり世話していないことが愛香にバレる。
花かんむりを被った遺体は光に満ち溢れとてもきれい。
貴族が見とれるのも納得の美しさ。
鼻形は丸貴に返り咲く。丁重にお詫びののち。
佐和子が天真爛漫とは言え、自由すぎる。
佐藤と鼻形の見つめ合うシーンが面白い。
大杉のそっくりさんがそこまでそっくりさんがいるのは都合がよすぎ。
田中、山本のそっくりさんなら貴族の力でなんとかできそう。
犯罪者の真知子の自殺を阻止し、うしろから抱きしめ愛を語る貴族。
その表情がきりっとしているが、ここだけ恋愛ドラマのよう。
切子が亡くなった場所に手向けてあった月見草の花言葉は「無言の愛」
貴族と切子の間に何が?

 

 

第8話 ≪PREV | NEXT≫ 第10話

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

貴族探偵月9で相葉雅紀主演ドラマの原作は?ようこそ、わが家へ再来
岡山天音の父や似てる人の関係や演技力は?ブサイク?注目される理由
あすこん第1話から最終回までののあらすじとネタバレ感想

 - 月・貴族探偵