Sclaps!

スクラップス!メディアで活躍する人の情報サイト

貴族探偵第7話のあらすじネタバレ感想。貴族が殺害を命じた鈴木とは

貴族探偵 大

5月29日放送の「貴族探偵」の第7話のあらすじ、ネタバレ感想。

第7話視聴率:7.8%

第7話あらすじ

高徳愛香(武井咲)は、師匠・喜多見切子(井川遥)が亡くなる直前に扱った事件の報告書を読んでいる。師匠の死に貴族探偵(相葉雅紀)が関係しているのか調べるために。
1年前、切子の大切なクライアントである都倉電子社長の都倉健一(小木茂光)が亡くなった。自殺との一報を受けた切子は信じられず、都倉家に急ぐ。切子を出迎えたのは、都倉の妻、光恵(広末涼子)、都倉の前妻の息子、忠仁(藤原季節)、同じく娘の江梨子(唐田えりか)、秘書の旗手真佐子(森口瑤子)たち。
切子は現場の管理責任者という交番勤務の警官、鼻形雷雨(生瀬勝久)を説き伏せ、都倉が死亡した書斎に入る。都倉は睡眠薬服用後、自ら手首を切って失血死したと警察は判断していた。書斎は中から鍵がかけられた、いわゆる密室状態だったのだ。しかし、現場を独自に検証した切子は、密室は意図的に作られたと見抜き、都倉が何者かに殺されたと疑う。そこに、田中(中山美穂)がやって来た。田中は主が待っていると、一同を貴族の天幕に誘う。

天幕の中で待っていた貴族探偵は、不可解な自殺があったと聞いたので面白そうだから出向いたと言う。こうして、都倉を殺害した犯人暴きを、貴族探偵と切子が競うことになった。もちろん、貴族探偵は現在と同じく、田中、佐藤(滝藤賢一)、山本(松重豊)ら使用人に推理は任せる様子。さらに、貴族探偵は、もう1人の使用人にあることを依頼する。
事件を解決するのはどちらなのか?そして、もう1人の使用人とは?

貴族探偵 番組公式サイトより引用

スポンサードリンク

第7話のネタバレ

ある3月の夜、都倉は書斎で息をひきとった。
睡眠薬と、カッターで手首を切ってある。書斎の鍵はしまっていて、鍵は2つとも室内に。
完全な密室。自殺と警察は判断した。

切子は都倉の家を訪ねる。お世話になったと妻の光恵に挨拶する切子。
家の中には、息子と娘、秘書の真佐子がいた。

都倉社長が亡くなった部屋を見せてと切子。どうしても自殺が信じられない。
部屋の前で中に入れないように見張っている鼻形警部補。美人の切子がお願いするとすんなり中にいれる。

部屋にあったチョコレートは解けていた。ドアの上には飾り窓。エアコンの位置を確認。
切子は鼻形に3つのお願いをする。調べに走る鼻形。
そこにメイドの田中が呼びにくる。

いつものようにサルーンに案内する。切子と貴族探偵は前から顔見知り。
ふたりともこれは事件だと話す。都倉に恩があるので、このままにはできない。真相を調べたいと切子。
ひとつの事件に二人の探偵。お手合わせを願う切子。

切子の最後の事件。

鼻形が調べていると、一人の女性が。その秘書は、黒い服をまとい、鈴木と名乗る。
手には貴族の紋章がはいったタブレットが。

全員にアリバイを聞く切子。アリバイがないのは、妻の光恵と秘書の真佐子。
息子たちは切子と山本を外に呼び出す。息子の忠仁と娘の江梨子は前の妻の子供。
当時の秘書だった真佐子と付き合っていた都倉。子どもたちにも優しかった。そこに割り込んだのは光恵。

ある夜、光恵と真佐子が鉢合わせすることが。そのとき二人は同じカバンを持っていた。
同じカバンに気を悪くした光恵。もう使わないと床に置く。
その態度に逆上する真佐子。カバンを投げつける。そのドタバタでふたりのカバンは入れ替わった。
返すにえせなくなった真佐子はその夜、都倉に返しにいった。そのまま書斎に置いて帰った。そのカバンの中には光恵の持っていた書斎の鍵が入っていた。

翌朝光恵は、真佐子に都倉を呼んできてと話す。
返事がないので、飾り窓から覗くを亡くなっていた。鍵を壊して中に入ったという。
すると手品でをする佐藤と楽しく過ごすしていると暑くなったという貴族。とエアコンのリモコンを手に取る山本。
設定温度は30℃になっていた。

そこに田中がやってくる。秘書の鈴木の調査により、切子が鼻形に聞いていた質問の報告を受ける。
床のべとべとの正体は、アルカリ性の洗剤。糸はエアコンの正面の壁際に落ちていた。被害者のポケットの上部に小さな穴。
それを聞いた切子は犯人がわかったという。

推理を披露する切子。犯人は睡眠薬入りのチョコレートを食べさせ、手首を切り殺害。
糸をポケットの上部に通し、飾り窓を通し外に。鍵を閉め、糸に鍵を通し、飾り窓からロープウェイの要領でポケットまで通す。
糸を回収する最後に、糸の先が切れた。その糸の先は、針に通すときに舐めたあと。
DNA鑑定でバレてしまうとおもった犯人だが、鍵は2つとも室内で中に入れない。
仕方なく、水鉄砲に洗剤を入れ、糸に向かってかける。
そして、エアコンを洗剤に向け強風でつける。乾いた糸はそのまま部屋の隅に吹き飛ばされる。
チョコレートがそのせいでとけていた。

糸に残った口紅を調べれば犯人が解るといったところで、光恵は夫の自殺、それでいいと言う。
身内に社長が殺されたとわかれば、会社は潰れると光恵。自殺でことを終わらせて欲しいとお願いする光恵。
光恵をかばう貴族。犯人は光恵ではないと貴族。

犯人について推理を披露する山本。
真犯人は真佐子だと山本。切子の推理どおりに殺された。
殺害を終えたあとに、カバンが入れ替わったことに気付いた真佐子。この状態では真佐子の手元に鍵がある。
これでは自分が疑われる。仕方なく鍵を使って中へ。その時、糸をみた真佐子は、光恵に罪を着せようと、光恵のカバンから口紅を取り出し、別の糸に口紅をつけた。それを入れ替える真佐子。
そして、同じくロープウェイの要領でカバンに鍵をもどす。
切れた糸の端や、不自然な密室の作り方で、真佐子が犯人しかありえないと山本。

15年尽くしてきたが、あっさりすてれた真佐子。
光恵を近くにあるナイフで刺そうをする真佐子。使用人の素早い対応で真佐子を眠らせる。
疑われてでも家族と会社を守りたかった光恵。夫のため家族のために自殺で片付けたかった。
貴族の言葉に涙を流す光恵。

切子は、警察に連絡するように言い、鼻形に手柄を譲る。
愛香は、光恵たちに話しを聞きに来ていた。真相を聞いた愛香。
愛香は切子の死に貴族が関係しているのではと考える。
事件のあとに切子と貴族は話しをしていたと光恵。

お酒を酌み交わす、切子と貴族。完敗だという切子。
貴族は本気の戦いで手を抜かれるのが一番の侮辱だという。
切子は真佐子が犯人だとわかっていたはず。光恵が家族を守ることも。
全て切子のシナリオどおり。
切子は貴族に質問をする。手帳に名前を書いて破って、貴族に渡す。この名前に見覚えがあるかと聞く。

愛香は切子の私物の中から手帳を探す。書いたあとをなぞる愛香。

貴族は鈴木を呼び、切子のことは任せる。確実に殺せと命令する。
かしこまりましたと鈴木。

切子が愛香に貴族に完敗だと報告していると、スマホのGiriのアップデート。
アップデートされたGiriの声はまぎれもなく鈴木の声。

愛香は手帳をえんぴつで塗りつぶす。
政宗是正という名前が浮かびあがる。
Giriに聞くがその質問には答えられないと話す。

 

スポンサードリンク

第7話の感想

さすが、美人の井川遥。笑顔や雰囲気が落ち着いていてとても美しい。
警部補時代の鼻形。常見はすでに刑事。
謎の秘書、鈴木の登場。てっきり男だとおもっていたが、女性。
切子は愛香と違い、貴族や使用人たちとも上手くやってくタイプ。
やわらかな雰囲気が素敵な女性。それでいて推理は鋭い。
今まで声しか登場していなかった仲間由紀恵が鈴木として登場。
Giriまで仕込める貴族探偵たち。
「政宗是正」とは一体?これが貴族の名前なのか!?

 

 

 

第6話 ≪PREV | NEXT≫ 第8話

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

貴族探偵月9で相葉雅紀主演ドラマの原作は?ようこそ、わが家へ再来
岡山天音の父や似てる人の関係や演技力は?ブサイク?注目される理由
あすこん第1話から最終回までののあらすじとネタバレ感想

 - 月・貴族探偵