Sclaps!

スクラップス!メディアで活躍する人の情報サイト

CRISIS第8話のあらすじネタバレ感想。潜入の夫。田丸の想い

5月30日放送の「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」の第8話のあらすじ、ネタバレ感想。

第8話視聴率:10.5%

第8話あらすじ

公安の協力者として新興宗教団体“神の光教団”に潜入している林智史(眞島秀和)から、妻の千種(石田ゆり子)を介して「重大な情報を手に入れた」と連絡を受けた田丸(西島秀俊)。数日後、極秘裏に林と会った田丸は、教団が画策しているテロの情報を教える代わりにスパイを辞めたいと取引を持ちかけられ、動揺する。任務から解放されれば、林は千種の元に帰ることになるからだ。

さらに林は、テロを阻止した後、自分たち夫婦を保護すると、事前に覚書を交わしてほしいと要求。田丸から話を聞いた青沼(飯田基祐)はその条件を承諾するが、一方で、田丸と千種の関係を不安視していた。

林の情報によると、テロの決行は2日後で、標的は文部科学大臣。青沼からテロ情報の報告を聞いた鍛治(長塚京三)は、意味深な表情を浮かべながら特捜班に警備を一任することを決める。

テロ決行当日、稲見(小栗 旬)はいつもとどこか違う田丸の様子が気に掛かる。その頃、大臣が登壇予定のイベント会場には、“神の光教団”の元信者がカバンを手に身を潜めていた。そして大臣が到着すると、警備の目をかいくぐり、会場内で歩みを進める大臣に急接近。カバンの中から何かを取り出そうとするが、次の瞬間、駆けつけた稲見と田丸によって間一髪拘束される。大臣の危機を未然に防ぎ安堵(あんど)したのもつかの間、男からカバンを奪い取って中身を確認した田丸は、教団の真の狙いに気づき、ぼうぜんとその場に立ち尽くしてしまい…

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 番組公式サイトより引用

スポンサードリンク

第8話のネタバレ

神の光の教団。林は教団の動きを探る。
夫から電話がかってきたと田丸に話す千種。重要な情報を手に入れ、直接、田丸に話したいといっていた。

教団員と車ででかける林。ホームセンターでトイレに行くといい、一人になる。
トイレでまつ田丸。まわりを確認して話しを聞く。テロに関する情報。
教えるには条件がある。それはスパイを辞め妻の元に帰りたいというもの。
情報を確認してテロを阻止したら、教団から抜けたいという。開放して欲しいと懇願する林。
早く決断しないとテロが起きてしまうといい、立去る。

青沼に報告する田丸。林の妻と接触しろと命令する。
書類を渡す田丸。千種はその覚書にサインする。情報を教えて欲しいと田丸。
これ以上は林と会うのは危険。だから情報を教えて欲しいと伝える。

テロは明後日、狙われるのは文部科学大臣。

鍛冶に相談する青沼。鍛冶は警備を特捜班にさせると言う。

文部科学大臣が出席するイベント。警備の打合をする特捜班。実行犯が狙うならここしかないと吉永。
大臣が会場に到着。目を光らせる特捜班。大臣を追う一人の男性。不審さに気づきさり気なく後を追う、田丸と稲見。

テロが動き出した瞬間に取り押さえる田丸と稲見。男が持っていたカバンはカラ。囮だった。
すぐに駆け出す田丸。稲見は罠にかかったという。
急いで千種の元に現れた田丸。すぐにここを出る。必要最小限のものをもってきてと田丸。

林は教団の中に隠していた、盗聴器がみつかり、窮地に。

ホテルの一室へ待避させる。夫を心配する千種。林が危険な状態。一刻もはやく助けなれけばと田丸。
夫になにかあったら、私をまもってくれるのかと田丸に聞く千種。

青沼に報告する。まだ林の正体がバレたと決まったわけではないと言う。しばらく様子をみると指示。

林は教団員に拷問されていた。

帰ってきた田丸、待っていた稲見に話す。林は協力者に仕立てるには格好の男。信頼関係をつくり、弱みを握り教団内部へ潜り込ませたと田丸。
自分は正しいことをしていると思い込んだ田丸。
見栄えのいいいいわけで、本当は林の美しい妻と会える名目が欲しかっただけかもと田丸。
自分の心が自分の信念を裏切ったと言う。
林も自分も組織の駒。利用価値がなくなれば捨てられる。ただ駒にだって意地があると田丸。

田丸はしばらく別行動。田丸が任務を終えるまでは他の仲間にも任務はおりない。
一人で出かける田丸。

千種のもとを訪ねる田丸。田丸は林がスパイであることを教団に密告したのは千種だと話す。
文書をやりとりした時の千種はいつもと違っていた。
千種はお金のために放ったらかしの林が戻ってきても困る話す。林のことは放っておいてと千種。
一緒に暮らそうと田丸に言う千種。自分が千種を変えてしまったと田丸。
千種は田丸に選択を迫る。田丸は返事をせず、この部屋を出ないでといい立去る。

田丸は退職届を吉永の机の上に置き、一礼し出ていく。

教団の前に一人で立つ田丸。一度目をとじる。目を開けると、吉永、稲見、大山がやってくる。
私達はチームだと大山。樫井も細工をしてから合流。
林は鍛錬室にいると田丸。

出て来た教団員。樫井の細工で爆発が起こる。団員を散らす作戦。
正面から乗り込む、特捜班。
鍛錬室を目指す。田丸と稲見は上を目指す。
傷つきながらも、鍛錬室までたどりついた田丸。林を助け出す。
田丸の姿を見て微笑み意識を失う林。稲見も駆けつけ、二人で運ぶ。
ほかのメンバーと合流しながら降りていく。

そして一階に乗り込む青沼。林を連れてここから出ろと言う。ここにはいなかったはずの特捜班を見なかったことにした。
警察に捕まる教団信者たち。
ボロボロに傷つきながら、教団を後にする特捜班。清々しい笑顔。

テロ事件の実行犯として警察が捜査に乗りきったこととして処理された。
鍛冶は、青沼によくやったと話す。そして、千種を日本から追い出す様にいう。
千種は田丸の弱みとなる。

車に乗り込もうとする千種のもとに田丸。
謝罪する田丸。千種は田丸のそういうところが好きになった。田丸と暮らしてみたかったと話す。
見つめ合うふたり。田丸は千種の頬にそっとふれる。目をとじる千種。
涙をこぼし、笑顔でさよならとつぶやき車に乗り込む千種。

教会で一人座っていると、田丸の横に座る一人の男。
田丸に話しかける。

スポンサードリンク

第8話の感想

大山が女性らしい技で稲見を押さえつける姿がカッコイイ。しなやかで、華麗。
稲見にも天使と呼べるひとりの女性。チャラい稲見が真剣になれる相手?
田丸は林の妻を愛しているよう。
千種の独りよがりではなかった。田丸は自分の気持ちをださないでいるが、過去に自分の信念を裏切っていた。
そんな話しでさえもカッコイイ田丸。そこまで思われている千種が羨ましくもある。
しかし、気持ちを打ち明けることはできない愛情。複雑な愛。
千種は田丸を求めるが、それを受け入れるわけにはいかない。
どこまでもカッコイイ男の田丸。千種は身勝手に思えるが、その気持は理解できる。
樫井のアクション。どこかスマート。それぞれのキャラにあったアクションがカッコイイ。
しかし、田丸と稲見のコンビアクションが最高。
二人のアクションと連動したカメラワークが素晴らしい。
田丸が最後に千種の頬に触れるシーンが素敵。初めて田丸から触れた感じが伝わる。

 

 

 

 第7話≪PREV | NEXT≫ 第9話

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子第1話から最終回までのあらすじネタバレ感想
ON原作は?波瑠が民放連ドラ初主演。ホラー要素満載?な藤堂比奈子
ONのロケ地・主題歌・視聴率のまとめ。出演者やゲストは誰?

 - 火・CRISIS