Sclaps!

スクラップス!メディアで活躍する人の情報サイト

地味にスゴイ!最終回あらすじネタバレ感想。最後に悦子が選ぶのは

12月7日放送の「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」の第7話のあらすじ、ネタバレ感想。

最終回視聴率:

最終回あらすじ

『Lassy』編集長の亀井(芳本美代子)から、巻頭特集の企画書を書いてプレゼンするように言われた悦子(石原さとみ)。悦子に『Lassy』編集部に異動できる大チャンスが訪れる。

悦子は貝塚(青木崇高)から、本郷(鹿賀丈史)の盗作を訴える告発文が送り付けられたと知らされる。告発文の送り主は、“直木龍之介”と名乗るWEB小説家。直木は、自分が1ヵ月前に発表した作品と、発売されたばかりの本郷の最新作が酷似していると主張していた。

本郷は連絡がつかない状態で、真偽を確かめることができない。貝塚は、本郷の最新作と直木の作品を細かく検証すれば手がかりが得られるかもしれないと考え、校閲部に2つの作品の事実確認を依頼。悦子たち校閲部の面々と幸人(菅田将暉)は協力して、本郷の盗作疑惑を晴らすために奔走する。

一方、悦子が『Lassy』編集部に企画をプレゼンする日も近付いていた。そんな中、校閲部に何者かが侵入し…。

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 番組公式サイトより引用

スポンサードリンク

最終回のネタバレ(予想)

あらすじと予告動画からのネタバレ予想です。
実際のネタバレは放送後に更新します。

幸人といざ付き合おうという瞬間、森尾から電話。
編集長が悦子の校閲で、気に入り異動の話が持ち上がる。

悦子:Lassyへ異動?

悦子:長年の夢が叶う時がキターー!!

Lassyの編集長か巻頭特集の企画を書いてプレゼンするように言われる。
ずっと憧れてきた悦子に大チャンス。

悦子は貝塚から、幸人の父親である本郷先生の盗作を訴える
告発文が送りつけられたことを知らされる。
告発文を送ったのは「直木龍之介」というWeb小説家。
直木は本郷先生が発表した作品が、1ヶ月前に発表した自分の作品と酷似していると話す。

貝塚:本郷先生が告発されたんだ。
悦子:盗作?

幸人:親父から連絡は…
貝塚:先生一体どこ行ったんだよ。

本郷に真偽を確かめるべく連絡を取るがつかまらない。
貝塚は本郷の最新作と直木の2作品を細かく検証すればなにかわかるかもしれないと考える。
その2つの作品を校閲に事実確認を依頼。
校閲の仲間達とともに、悦子、幸人は協力して、本郷先生の疑惑を晴らすため奔走する。

一方で悦子がLassy編集部に企画をプレゼンする日も迫っていた。
そんな中、校閲部に何者かが侵入するという事件が。

森尾:幸人を辞めさせてやってください。

森尾:Lassyへの異動かかってるんだよ。

貝塚:この先編集者になろうと、校閲者のままでいようと、お前はお前だ。

悦子:私の居るべき場所はここじゃない。Lassyの中にある。

悦子:本当にありがとうございました!

悦子は憧れのLassyの編集者となるのか。

スポンサードリンク

最終回の感想(予想)

実際の感想は放送後、更新します。

森尾の一件もきちんと話し合い、ようやくふたりは付き合うことになりそうな時、森尾からの電話。
Lassy編集部に異動が決まりそうとのこと。
思えば面接の時から、Lassyの編集部に入りたいとブレなく景凡社の面接を受け続けた悦子。
校閲に入ったもこの日のため。当初はその予定で校閲は短い間だけとのことと思っていたが、校閲部の仲間たちと絆を深め校閲の仕事の素晴らしさを知った悦子。
さらに愛しい幸人が悦子のお陰で気づいた、日の当たらない場所で輝く仕事。その仕事を簡単に離れられるのか。
夢をとるか現実をとるか。
予想として校閲にそのまま残り続けるように思う。
最終的に悦子が選ぶ大切なものとは一体何なのか?

 

第9話 ≪PREV | NEXT≫ 次ドラマ

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

東京タラレバ娘で吉高由里子主演ドラマの原作は?飛び出す名言に期待
地味にスゴイ!石原さとみも大注目エディターズバッグとは?どこの?
地味にスゴイ!の石原さとみのスカーフのブランドや巻き方がかわいい

 - 水・地味にスゴイ!