Sclaps!

スクラップス!メディアで活躍する人の情報サイト

CRISIS第6話のあらすじネタバレ感想。秘密を知る田丸に稲見が

5月16日放送の「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」の第6話のあらすじ、ネタバレ感想。

第6話視聴率:

第6話あらすじ

11年前に地下鉄車両内で無差別爆弾テロを起こし、容疑者として指名手配されていた里見修一(山口馬木也)が、都内のコンビニに突如姿を現す。里見が再びテロを計画しているのではないかと危惧し、里見の逮捕に躍起になる警察。鍛治(長塚京三)も、警視総監の乾 陽一(嶋田久作)から特捜班をうまく使うよう圧力をかけられる。

その頃、とある地下鉄の駅構内には、当時テロを計画したカルト教団の信者・羽田(山口翔悟)の姿が。羽田は駅に厳戒態勢が敷かれていることを確認すると、警察から身を隠している里見の潜伏先へと向かう。

特捜班のオフィスでは、大山(新木優子)がネット上にワナを張り、早くも里見の居場所を突き止めていた。吉永(田中哲司)から指示を受けた稲見(小栗 旬)と田丸(西島秀俊)は早速現場へ急行。車でアジトを出た里見らを、待ち構えていた稲見と田丸が追跡を開始。しかし、その動きを察知した里見らは巨大なホームセンターへと逃げ込む。追いかける稲見と田丸の前に里見を守ろうとする羽田らが立ちはだかり、激しい攻防戦を繰り広げる。その隙に里見は現場から立ち去り、形跡一つ残さず姿を消してしまう。そのあまりに完璧な逃亡ぶりに違和感を覚えた稲見は、「何か知ってるんでしょ?」と田丸に問いかけて…。

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 番組公式サイトより引用

スポンサードリンク

第6話のネタバレ

コンビニの防犯カメラに映された強盗事件。
強盗は未遂に終わったが、その近くにいた男は、11年前の地下鉄の無差別爆弾テロの犯人の実行犯の里見だった。
3人いた実行犯。2人は逮捕され最後の1人だった。死亡されたとされていたが、生きていた。
このコンビニ近辺に住んでいないことはローラー作戦で警察は確認済。なぜこの場所に現れたのかを推測。

稲見と田丸は今は待機。里見を見つけてたら一気に動くように言われる。
田丸は稲見に付き合えと地下鉄の駅へ。
里見の過去の犯行を振り返る。ドアがしまる直前、爆弾を残し電車からおりた。
そして次の駅につく前に携帯電話で爆弾を爆発させた。
テロが起きた時公安にいた田丸。監視の網をくぐってテロは実行された。
テロは予想外で偶発的に起こったとされた。

乾に呼び出された鍛冶。乾は特捜班が里見を追っていることを聞く。この件を穏便に解決できたら後ろ盾になってやると乾。
ここで余計な失敗はしないように注意しろと忠告。

健康食品の会社。表向きは仕事しているが、そのある一室には里見がいる。
サラリーマンの男たちは里見を先生と呼び崇める。偉業のお手伝いができるのは光栄と頭を下げるサラリーマンたち。

大山は昔の仲間に協力してもらい、里見の映った映像を手に入れる。
掲示板を使い、隠れ家から追い出す作戦。大山は罠をはる。

書き込みをチェックするサラリーマンたち。用賀でみたという書き込みを里見に報告。
すぐに動こうと起き上がる里見。
大山は書き込みから、用賀にある吉川健康食品の会社を特定。

そこから逃げる里見の車を追う稲見と田丸。
車はある大型ホームセンターへ。車内から様子を見たあと、出たとこ勝負でいこうと稲見。
店内に入り後を追う2人。人気のない材木売り場までおびき寄せたテロ集団たち。
お互い警棒をもって戦う。その隙に逃げた里見。

住宅街で変装を変えながら歩く。
結局見つけられなかった。普通の人間だったらこんなに足跡は消せないと稲見。
田丸に何かしっているのかと聞く。里見はこっち側の人間なのかと聞く稲見。
潜入捜査していた捜査官が寝返ってテロの実行犯にになった。完璧な信者になった捜査官。
長期に潜る場合、捜査官の経歴は消される。捜査が終わるまでは警察の経歴はもどらない。
里見が捜査官だったとしたら、その動機はなにかと聞く稲見。
本当の人生に帰りたい何かを見失ったからかもしれないとふたり。
あくまでもウワサだと言い、テロの里見を追うしかないと田丸。
稲見がヤクザに潜入していた時に死んでいたら、ヤクザとして見捨てていたのかと田丸に聞く稲見。
里見の足跡を見つけてやるべきだと稲見。

里見は鍋島家というお墓の前で佇む。

大山は警察に里見がいたことを探る。あらゆる条件から「鍋島豊」という名前にたどりつく。
鍋島の警察学校の履歴書の写真は、別人のようだが、面影がある。
早く捕まえて任務から開放してやろうと稲見。

里見の目的について考える。テロをするには区切りの悪い年数。テロのためではないのかと考える。
吉川健康食品のもつ物件を確認し、隠れ家を探す。
里見は郵便受けに1つのスマホをカメラを起動させた状態で設置する。
これで家の中にいても、外の様子は解る。

隠れ家のマンションを特定し、部屋に向かう田丸と稲見。
映像で2人が来たのを確認した里見も銃を手に取る。
ドアを開け中へ潜入。そこには里見の姿はなかった。
外からつっかえ棒をされドアを封鎖される。稲見はベランダから飛び降りて追いかけるが見失う。

里見は特捜班の通過儀礼として必要な存在と鍛冶。明日の朝までに里見の計画に気づかなければ任務を与えると鍛冶。
青沼には理解できない。頭を使えと鍛冶。

里見が地下鉄以外に狙う場所を考える。稲見はテロの標的は2つしかない。シンボルか個人的な動機だという。
今回はシンボルではなく、恨みや復讐心を持っている人物がターゲットであると推測する。
田丸は、直属の上司に恨みを抱く可能性があると言う。
なぜ里見が動き出したのかと考える。乾が3ヶ月前に警視総監になった。狙うのは乾だという。
吉永は出勤前の自宅から出たところを狙うと推測。

里見は車の中で待機。ミラーでまわりを確認する。
吉永から青沼に電話。乾の身辺警護を依頼した。
青沼はそのままなにもせずにいる。

現場に向かう特捜班。
乾を出迎えの車から降りるボディーガード。乾が車に乗ろうと歩いた時、ボディーガードが撃たれる。
乾と向き合ったとき、田丸たちが乾を助け、里見を取り押さえる。
里見になぜ寝返ったかと聞く稲見。
里見はテロの5日前、すぐさま公安に連絡を入れ、任務は終わるはずだった。
しかし3日前に、ある部屋に監禁された。仲間が助けに来てくれるのをずっと待っていた里見。
何も起こらず、テロの決行日が来てしまった。
仲間に裏切られたと思った里見のとる方法はテロを実行するしかなかった。
信じるものを失い、そっちの世界にもどる理由がなくなった里見。

警察官であるなら、たとえリンチを受けてでもテロを実行するべきではなかった。罪のない人を巻き込むべきではないと稲見。
お前もそのときになったら答えが解るだろうと里見。そして、それがお前らのいる世界と言う。
すぐにわかると里見。里見をみつめる稲見。
翌日、刑務所で里見は首を吊って死んでいた。
部屋で膝をかかえ考える稲見。かかってきた電話にでて、光がみえたと話す。

スポンサードリンク

第6話の感想

警棒で戦う、稲見と田丸。動きがかっこよすぎる。
身のこなしや足技をや、店内の資材を使ってのアクション。
里見の変装のチェンジがお見事。
帽子を変え、ジャケットを裏返し、歩きながら鮮やかに変装を変える。
テロリストでありながら身のこなしや頭のキレる様がスマート。
もと警察だからの身のこなし。たしかに他の人間とひと味ちがう。
鍛冶は特捜班の味方なのか敵なのか。
大山が大活躍。なんでも調べてわかる、元ハッカー。かっこいい。
潜入捜査で信じていた仲間に裏切られた里見。
彼は助け出されることはなかった。そして、もとの世界にもどる理由を失った。
国家の黒いやり方に今にわかると里見。そしてこの世を去った。
やりきれな気持ちの稲見。
陰謀が渦巻く国家権力。特捜班はそれを正すことはできるのか。

 

 

 第5話≪PREV | NEXT≫ 第7話

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子第1話から最終回までのあらすじネタバレ感想
ON原作は?波瑠が民放連ドラ初主演。ホラー要素満載?な藤堂比奈子
ONのロケ地・主題歌・視聴率のまとめ。出演者やゲストは誰?

 - 火・CRISIS