Sclaps!

スクラップス!メディアで活躍する人の情報サイト

神の舌を持つ男、第2話のあらすじネタバレ感想。鐡友温泉・南出田楼

7月15日放送の「神の舌を持つ男」の第2話のあらすじ、ネタバレ感想。

第2話視聴率:6.2% 平均視聴率:6.31%

第2話のあらすじ

蘭丸らんまる (向井理)、 光ひかる (木村文乃)、 寛治かんじ (佐藤二朗)は、ミヤビがいると聞き 鐵友てつとも 温泉へと向かう。山道で配管を発見した蘭丸は温泉が近くにあることを察し、温泉宿「南出田楼」に辿り着く。そこは女将・順子(山村紅葉)と湯守の順吉(徳井優)が夫婦で切り盛りする旅館だが、近年客足は途絶えており閉業寸前だ。
蘭丸が宿でミヤビの行方を聞いていると、二人の長男・天童(中尾明慶)が客を連れて10年ぶりに帰ってくる。絶縁状態だった息子は、突然旅館を継ぐと言い出し、順吉と大喧嘩をはじめる。
そんな中、麓から女性の悲鳴が聞こえてきた。蘭丸らが駆けつけると、ミヤビが走り去っていくところ。慌ててミヤビを追おうとする蘭丸だが、光が男性の死体を発見し……。

神の舌を持つ男 番組公式サイトより引用

スポンサードリンク

第2話のネタバレ

山奥の間欠泉。そこ側には男性の遺体。
ミヤビを追って来た蘭丸たち。またも突然のガス欠。
近道とかかれた看板をみて山道をあるく蘭丸たち。温泉を引く管をみつけ、温泉が近いことを確信する。
温泉の温度を管理する一人の男と出会う。
急いで宿に向う蘭丸たち。しかしミヤビはまたも出て行ったあと。

時間が遅く泊まるしかないという光。久々のお客に喜ぶ女将順子。平助の話をし、ただで泊めてもらう交渉をする。
しぶる女将。そこに息子天童が久々にもどってきて、泊めてやればという。

食事をする蘭丸たち。そこに先ほど山道であった湯守の順吉が挨拶にやってくる。戻ってきた息子と大げんかになる順吉。
蘭丸たちの前でとっくみあいの喧嘩を続ける。

三助をする蘭丸。天童がつれてきた若い女性たちに三助のサービス。翌朝、泊めてくれた天童にお礼を言う蘭丸。
天童の姿を見て、自分と父親との関係を思い出す蘭丸。野草をたべさせ実験する蘭丸の父、竜助。
すると女性の悲鳴が聞こえる。

駆けつけてみると、ミヤビが走り去る姿。人殺しと勘違いされ、近くにいた人に取り押さえられ、ミヤビに追いつくことができなかった。
蘭丸の疑いははれるが、ミヤビの疑いをはらすため蘭丸は解決することを決意。遺体から硫化水素の成分を舐めとる。
町長は間欠泉で硫化水素の事故がおきたことはないという。さらに順吉が死体を運ぶのを見たという証言する。

順吉に話を聞く。さびれた宿だが何故ミヤビを呼んだのか疑問の光たち。唯一の宿泊客に話を聞く。その客は温泉マニア。宿はさいていだが、湯はいいと話す。死亡した被害者と知り合いの客。
すると刑事が順吉を連行しようとする。父親のアリバイを証言できないと天童。温泉の温度を管理する天童の側をはなれた順吉。そのためアリバイが成立しなかったのだ。

被害者が泊まっていた別の宿にミヤビも泊まっていた。現場を見る蘭丸たち。何故ここに遺体を運んだのか考える。
蘭丸の舌で遺体から町長の着物と同じ成分を感じ取る。町長と被害者が会っていたのではと考える蘭丸。
被害者の知り合いの男からも町長の着物の成分が。町長と会っていたと追求する蘭丸。離せと手を振り上げたときに、大金がポケットから飛び出し、お金が舞い上がる。

三助の仕事中、温泉の成分を分析。事件の真相に気づく蘭丸。

蘭丸は被害者が死んだ場所は、間欠泉でなく、温泉宿に来る途中にみた配管があった場所だと話す。
配管から血液反応。バルブを緩めておくと、温泉の圧力が一定でないため、突然吹き出すことがある。
高温の源泉を浴びた被害者。熱さのあまり管に頭をぶつけ、そののち沢に落ちて岩で頭をぶつけて死亡。
仕事に慣れていなかった天童のせいでお湯が吹き出したことが解った順吉は、このままでは天童のせいになってしまうと思い、遺体を移動させた。
順吉は間欠泉から硫化水素の成分が出ていること知っていたため、間欠泉近くに遺体をおき偽装したのだ。

息子をかばった父親。ひと目につかないタンクの管理をさせたのは嫌っているからではなく、それこそが温泉にとって一番大事な事だと思っているから。誤解のとけた親子。親子の会話のないふたりにお叱りをする寛治。
お互いに本音を話し、天童は宿を継ぐことになった。

事件は解決したが、何故ミヤビがここにいたか光は疑問を話す。
宿の順吉もミヤビに惚れていて、仕事の斡旋をする代わりにミヤビを口説こうとしていたのだ。
順吉が宿泊宿に来ないことを不審におもったミヤビは順吉の宿に向かう途中、遺体を発見したのだった。

翌朝、仲居頭はガソリンを満タンにして光の車で現れる。
刑事たちも乗っていた。次の行き先を突き止めた刑事は蘭丸にミヤビの行き先を告げる。
行き先は伊豆、熱海の天空温泉、ホテルまんげつ伊豆。

スポンサードリンク

第2話の感想

仲居頭の女性はジャージ。そして、テツトモのなんでだろうの動きをする。
ひと目もはばからず大げんかする親子が豪快。旅館を壊しまくる。
旅館の中にはギターが飾ってあったり、テツトモのポスターが貼ってある。
愛しいミヤビの疑いをはらすためがんばる蘭丸。光はそれが気に入らない。
蘭丸は人物の服、その周りの空気からも成分を舐めとる。
誤解のとけた親子。お互いに思っていることは同じだった。
しかし、ミヤビとのことはゲスい考えがあった。ミヤビはいろんな人を虜にする魔性の温泉芸者。
最後までテツトモの二人は登場しなかった。
次の温泉地へ蘭丸たちは向う。

 

 

第1話 ≪PREV | NEXT≫ 第3話

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

神の舌を持つ男の原作は?向井理主演ドラマとゲストサスペンス女王達
神の舌を持つ男、ロケ地・衣装・主題歌・視聴率まとめ。ミヤビは誰?
夏ドラ、7月期ドラマのまとめと視聴率。初回好スタート作品はどれ?

 - 2016年7月期ドラマ