Sclaps!

スクラップス!メディアで活躍する人の情報サイト

地味にスゴイ!第3話のあらすじネタバレ感想。好きな作品の感情移入

10月19日放送の「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」の第3話のあらすじ、ネタバレ感想。

第3話視聴率:12.8% 平均視聴率:12.33%

第3話あらすじ

悦子(石原さとみ)は、ファッションショーで幸人(菅田将暉)と再会。さらに彼女は、幸人が作家・是永是之だと知って、驚く。

そんな中、悦子は、米岡(和田正人)が担当していた人気作家・四条真理恵の小説の校閲を任される。米岡は、四条の大ファン。感情移入し過ぎる米岡にミスが出ることを懸念した茸原(岸谷五朗)が、担当を替えたのだった。

その後、悦子は四条から、自分で気付かなかった作品の中の矛盾を指摘したことを感謝される。実は、その矛盾を指摘したのは悦子ではなかった。悦子の知らない間に、誰かが四条のゲラに矛盾を指摘した付箋を貼ったのだった。悦子は米岡の仕業ではないかと考えるが、彼に聞いても、身に覚えがないという。

そんな中、悦子は、米岡と一緒に四条のトークイベントに出席する。そこには、なぜか藤岩(江口のりこ)が来ていて…。

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 番組公式サイトより引用

スポンサードリンク

第3話のネタバレ

幸人からもらったチケットでファッションショーに訪れた悦子。
すると貝塚が隣に現れる。貝塚は是永是之にチケットをもらったという。
森尾が編集長と登場。必死にアピールする悦子。
ショーが始まる。編集長はショーを見ながら森尾に指示。メモをとる森尾。
幸人の登場。編集長はいいんじゃないという。
貝塚は幸人が是永是之だと話す。あまりの驚きに大声をだす悦子。王子がリニアモーター牛だと知る。
その様子をみる森尾。幸人と悦子が知り合いだと知った森尾は同居を隠すように指示。

ステージ裏にきた悦子と貝塚。覆面作家なため隠してたことを謝る。
貝塚は舞い上がる悦子の後で「ぜえいぜえ」とつぶやく。
連絡先を交換する幸人と悦子。

出社すると米岡が泣いている。そのことを必至で隠す米岡。好きな作家の担当はしないようにしている。
感情移入しすぎるとミスがでると茸原。悦子と担当を交代。ゲラを渡すときに恨めしそうな米岡。

森尾たちはモデルたちの読者投票の打ち合わせ。セールスポイントがないため、作家であることを公表するように説得してと編集長。

米岡は四条先生のファン。悦子は好きだからできることもあるとつぶやく。校閲していると、印刷の正宗が訪れる。お気にいりの正宗に食事に誘われ喜ぶ。
すると貝塚が入ってきて、四条先生が校閲した人に会いたいと言ってきたという。

四条先生の自宅へ招かれる悦子。初校に貼られていた付箋に感動したため校閲担当を呼んだという。
付箋メモは過去の設定までことこまかに指摘。作者ですら忘れていた内容。
四条先生は、昔ファンレターをくれた人ではないかと尋ねる。
ファンレターの本人がわからないが、その人は出版社に就職したと最後のファンレターに書かれてあった。
メモは悦子がつけたものではない。

そのメモを米岡だろうと話すが違うという。こころあたりがなくなった悦子。

森尾を幸人は仲良く同居。料理をする幸人。主夫のよう。

四条がくれたチケットのトークイベントに訪れる。米岡は四条の昔からのファンがいると言う。奇抜はファションのその人物が気になり確認するとそれは藤岩だった。逃げる藤岩を捕まえ追求する悦子たち。メモは藤岩が書いたものだった。
デビュー作からずっとファンだった藤岩。四条の担当になりたくて景凡社に入った。

幸人にセールスポイントを探る森尾。作家であることを公表させようとするが、セールスポイントは料理でいいと幸人。
幸人に言われ「犬っぽいすね」を読むが訳がわからないと森尾。しかし幸人にお世辞を言う。

四条先生から電話があり、茸原は四条の再校を藤岩にお願いする。四条直々の申し出。
ルールだからできないと藤岩。悦子は藤岩にしかできないと言う。茸原は校閲のルールを見直すときかもと話す。
引き受ける藤岩。嬉しさを秘めてしっかり取り組む。

会いたいと話す森尾の電話を後できいている悦子。彼氏がいる森尾を羨む。
森尾は、ファッション編集、彼氏持ち、幸人の担当。うらやましい悦子。

四条は藤岩と悦子をまちかいに招くという。
まちかいが解らない悦子。受賞を待つ会。いい知らせをみんなで待つ会なのだ。

待ち会にオシャレしていかない藤岩。オシャレをするとバカになると親に言われた藤岩。
森尾のもとに藤岩を連れて行く悦子。撮影で使った服を貸してもらう。藤岩をドレスアップさせる悦子。
メイクするセシル。セシルは思わず藤岩のあだ名を言ってしまう。
悦子が離れた時、ファッション編集の社員たちがメイクしている藤岩の元へ。その場から立ち去り、悪口をいう。
それを聞いた悦子はその子たちどなりつける。悦子の言葉を聞いている藤岩。そして幸人と森尾も聞いていた。
藤岩は悦子にお礼を言う。悦子も自分のあだ名の真の意味を知り呆れる。

幸人と撮影する森尾。幸人はさっきの悦子がかっこよかったと話す。

ドレスアップして待ち会に参加する悦子たち。憧れの四条にしりごみする藤岩。
電話がなり緊張の一瞬。電話をとる四条。その姿を息を呑んでみつめる藤岩。
四条先生はみごと受賞。ずっと会いたかったと四条。感極まる藤岩。
これからもよろしくと四条。

ドレスアップして綺麗になった藤岩。藤岩は悦子にお礼をいう。
オシャレに対する見解が間違っていたと藤岩。

帰る悦子に声をかける幸人。悦子を卓球に誘う。
幸人は自分の本が面白かったかと聞く。思わず言葉につまる悦子。しかし、悦子はつまんなかったです!と言う。
悲しげな表情の幸人。

スポンサードリンク

第3話の感想

悦子はキラキラの幸人に舞あがる。
そして影で「ぜえいぜえ」と呼んでいたことを必至で隠そうとする仕草がかわいい。
さらに連絡先を交換したした時の表情は本当に嬉しそう。
米岡の乙女キャラがかわいい。しぐさまで可愛くみえる。
藤岩のファッションがスゴイ。かなり目立っている。
幸人の作品を理解できない森尾はお世辞を言う。
藤岩、米岡とすっかり仲良くなる悦子。貝塚とのやりとりもテンポよくて心地いい。
悦子は愛されキャラ。
ドレスアップした藤岩が綺麗。
藤岩と四条の会話を見守る貝塚の表情がとてもやさしい。
つまらなかったと言われた幸人の表情が悲しげ。悦子に本音を期待していた幸人。いい言葉がきけると思っていたのか..。

 

第2話 ≪PREV | NEXT≫ 第4話

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

地味にスゴイ!石原さとみも大注目エディターズバッグとは?どこの?
地味にスゴイ!の石原さとみのスカーフのブランドや巻き方がかわいい
校閲ガール、石原さとみ主演ドラマの原作は?大人気小説のみどころは

 - 水・地味にスゴイ!