Sclaps!

スクラップス!メディアで活躍する人の情報サイト

地味にスゴイ!第2話のあらすじネタバレ感想。節約ブログの書籍化に

地味スゴ 大

10月12日放送の「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」の第2話のあらすじ、ネタバレ感想。

第2話視聴率:11.2% 平均視聴率:12.12%

第2話あらすじ

悦子(石原さとみ)は、幸人(菅田将暉)に一目ぼれして以来、彼のことが忘れられないでいた。

一方、幸人は、森尾(本田翼)の家に居候させてもらうことに。森尾は、幸人をモデルとして育て始める。

悦子は、人気ブロガー・亜季(ともさかりえ)の節約術ブログをまとめた書籍の校閲を任される。亜季の節約アイデアに興味を持った悦子は、自分が知っている節約術を、校閲した原稿に付け加えて編集担当の貝塚(青木崇高)に戻す。亜季は、悦子がアイデアを出してくれたことを喜び、自分の本に加えたいと言い出す。悦子は校閲としての立場を越えて、亜季の本について次々とアイデアを出す。

貝塚は困惑し、藤岩(江口のりこ)は「校閲は陰で支える存在だ」と悦子をたしなめる。しかし、悦子は聞く耳を持たない。そんな中、亜季の本に関する大事件が起こり…。

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 番組公式サイトより引用

スポンサードリンク

第2話のネタバレ

合コンする悦子。自分が校閲部だというと地味だときすてられ、ファッションの会話で自分の世界を作り、さらには女はファッションしかないと見下す男に、ガツンと一言。
悦子は合コン相手には興味がなく、出会った幸人の事が忘れられない。

森尾の家に居候することになった幸人。

悦子は突然「リニアモーター牛ってなんだよ!?」と突然叫ぶ。今手掛けている校閲は、是永是之の作品。
内容がぶっとんでいて、理解に苦しむ悦子。悩んだ悦子は貝塚に相談する。

幸人は編集部で編集長の審査を受ける。オーディションを受けることになった。

相変わらず是永の作品で悩む悦子。不可解すぎて気分悪くなる。

藤岩は法事で休暇届を出す。とすぐさま悦子が叫ぶ。やっと是永の校閲が終了。
校閲が終わった作品を手にしているのは幸人。悦子の校閲にリニアモーター牛のイラストが描いてあり、思わずわらう。

今度は人気ブログの書籍化の校閲。主婦の節約ブログを楽しんで読む悦子。節約技を事実確認をする。衣食住で衣にしかお金かけない悦子は食住では節約しまくりなため、ブログの技を楽しんでいる様子。
森尾にいわれて、楽しくないといいながらも笑顔。

再稿に悦子は節約技を付箋につけたして渡す。それに感動した作家は悦子に会いたいという。貝塚は余計な仕事を増やしたと怒る。悦子を連れていく貝塚。
作家の亜季の家に行き話しをする。悦子も亜季の本が気に入った。会話のはずむふたり。悦子のアイデアを本に載せたいと亜季。突然の変更に断りたい貝塚。悦子は乗り気。

電話をする森尾。会話の声が優しい。それをみている幸人は彼氏との電話かもと察する。

悦子は亜季にダンボール映画館を作って持って行く。
元気のない亜季の娘の機嫌を直した悦子。亜季は悦子を気に入る。

貝塚はあとがきに悦子の名前を入れてたいと亜季が言っていると話す。浮かれる悦子に藤岩は厳しい一言。校閲の仕事ではないと怒りを爆発。
校閲が影の立場であることに納得いかない悦子。
編集者の貝塚よりもはりきり編集にクビを突っ込む悦子。
印刷会社にギリギリになって入稿。

製本が終わるが、サブタイトルの文字が間違っている。刷り直すと発売日に間に合わない。校閲の仕事に支障がでている。

大変な事になっている。変更ができずシールを貼って対応することに。シールを貼るのも徹夜作業。校閲が迷惑をかけたため、その作業を校閲が引き受ける。本の多さに愕然とする悦子と米岡。

貝塚と茸原は亜季に謝罪。夢にまで見た初版本がこのような自体になり涙ぐむ亜季。

他の校閲部員たちも駆け付ける。藤岩も休みを返上して手伝いにくる。
頑張るがなかなか作業がすすまず疲れがたまる部員たち。印刷の正宗は差し入れを持ってくる。
校閲についての苦悩を話しだす部員たち。米岡はこの仕事をしていてミスしたことのない人はいないと話す。
あのきちんとした藤岩でさえもミスがあったという。仕事がぶりがみとめられ浮かれてミスをしたという。
藤岩の指摘は悦子に同じ失敗をさせないためだった。みんなの協力で間に合った。

森尾は家でモデルとして通用するよう幸人にウォーキングの指導。

家に帰る悦子。大将は店のカウンターで悦子を待ちながら眠ってしまっていた。
その姿に感激する悦子。みんなが助けてくれたと大将に話す。校閲部の人たちのことを誤解していたと言う。

翌日悦子は真面目に静かな悦子は時計を見つめる。亜季のイベントが気になる悦子。
茸原は行ってきていいと話す。
謝罪するという悦子だが、亜季が初版本にシールが貼っているのをみて泣いていたという。
亜季が登場する直前、お客様に向かって自分のミスだと頭を下げる悦子。
その姿を見ている亜季。亜季は意を決したように壇上に上がる。
亜季は校閲について話す。悦子のお陰で満足のいく本ができたと話す。
亜季の涙は、出来上がった本に対する感動の涙だった。
訂正シールを含め全ていい思い出になったと話す。本を刷り直すとお金がかかる、節約主婦としては訂正シールがお似合いだと笑いもはさむ。

校閲部にもどると茸原がダンボール映画館で楽しんでいる。
サイン会が無事に終わってよかったと優しい言葉をかける茸原。
悦子は校閲部のみんなに謝罪し、ひとりひとりの名前を呼びお礼の言葉を告げる。

是永からの校閲が初稿がもどってきた。今度は是永からの返事つき。
文字をとおして心が繋がった気がするとの言葉。

悦子は幸人と再会。ドアの向こうで小銭を落として拾っている幸人をドアでぶっ飛ばす。
転がる幸人。これでおあいこと笑う。
悦子と話す幸人。校閲の仕事を理解している。悦子は「リニアモーター牛」の本の話しをする。
笑う幸人。おしゃれな悦子を褒める幸人。幸人は自分がでるファッションショーのチケットを渡す。
ますます幸人に興味をもつ悦子。
悦子と別れ。離れた場所で電話にでる幸人。是永ですとはなす。折原幸人は是永是之。

スポンサードリンク

第2話の感想

合コンでばかな振りをしてニコニコ。
見下すバカ男たちを言い負かす。悦子らしくて気持ちいい。
節約技の事実確認する悦子。やっている作業は地味だが、森尾が指摘したように楽しそう。
校閲の仕事にもなんとか慣れてきた悦子。相変わらずの独創的な悦子。
ダンボール映画館で上映するスマホの映画。
謎を解きかける少女が、事件を解決寸前忘れてしまう。
「時をかける少女」のパロディ「解きかける少女」がおもしろい。
絶好調の悦子だが、本来1番きちっとしなければならない校閲の仕事が疎かになっていた。大ピンチ。
藤岩の先輩のやさしさが見えるこころあたたまるシーン。
幸人は悦子のことを知っている。何も知らない悦子。
悦子にめばえた恋心。森尾の家で居候する幸人との恋はどうなるのか今後が楽しみ。

 

第1話 ≪PREV | NEXT≫ 第3話

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

地味にスゴイ!石原さとみも大注目エディターズバッグとは?どこの?
地味にスゴイ!の石原さとみのスカーフのブランドや巻き方がかわいい
校閲ガール、石原さとみ主演ドラマの原作は?大人気小説のみどころは

 - 水・地味にスゴイ!