Sclaps!

スクラップス!メディアで活躍する人の情報サイト

カインとアベル第8話のあらすじとネタバレ感想。暴走するエリート兄

カインとアベル大

12月5日放送の「カインとアベル」の第8話のあらすじ、ネタバレ感想。

第8話視聴率:8.4% 平均視聴率:8.16%

第8話のあらすじ

高田総合地所の取締役に就任した高田たかだ優ゆう(山田涼介)は、ますます仕事への意欲が増していく。一方、一時は仕事と家庭のどちらを選ぶかで悩んだ矢作やはぎ梓あずさ(倉科カナ)は、隆一りゅういち(桐谷健太)との“結婚=家庭”を選ぶことを決意。上司の団だん衛まもる(木下ほうか)に退社を申し出た。

貴行たかゆき(高嶋政伸)と優の接近が面白くない隆一は、 黒澤くろさわ幸助こうすけ(竹中直人)から食事に誘われる。その席で、黒沢は優の台頭に焦りを感じているのではないかと、隆一の痛いところをストレートに突く。否定できない隆一。しかし、黒沢は、優は危うさも併せ持っている気がするとも告げた。
隆一が家に帰ると梓がいた。隆一と梓の披露宴の進捗が気になる貴行が呼び出したのだ。そこに優も帰って来る。貴行から梓が結婚を機に退社すると聞いた優の様子が変わった。正直な気持ちではないと梓に迫る優。だが、梓は冷静に自分から望んだことだとたしなめられてしまう。

翌日、梓の決断にいら立つ優は仕事で紛らわせようとするが、社員としては先輩の安藤充(西村元貴)を怒鳴りつけてしまう。休憩室で自己嫌悪になる優を慰めたのは、柴田しばたひかり(山崎紘菜)だった。
その頃、高田総合地所には地方空港の開発プロジェクトの件が持ち上がっていた。参入を進める優に対して、隆一は慎重な態度を崩さない。だが、優と貴行は仕事上での親密化。隆一には二人の会話や考えが気になって仕方がなくなってくる。そして、隆一の焦燥は取り返しのつかない方向へと…。

カインとアベル 番組公式サイトより引用

スポンサードリンク

第8話のネタバレ

英雄となった優。梓は隆一との結婚に進む。
取締役になった優。兄弟の溝は深まる。

地方空港の建設のための会食に一緒にくるかと貴行。
隆一と優は違う意見出す。
取締役になったら公人だと思えと貴行。自転車通勤は最後にすると優。

取締役の優に団の態度がころっと変わる。
宗一郎は優を取締役にした貴行を見直す。
優が仕事に対して変わってきたと笑顔の宗一郎。
社内では隆一から優に乗り換えてつこうかと話す役員たち。

黒沢から隆一に電話。スティーブンからいい条件を出した優を褒める黒沢。
隆一の焦りを指摘する黒沢。父親と弟の間になんとか割って入れと言う。
隆一に興味が沸いた黒沢は面白い話しがあると話す。

家に帰ると披露宴の席順を梓と隆一が決めている。
梓が仕事を辞めて家庭に入ると話しが進んでいる。梓もそれを受け入れている。
優は梓に本当にそれで良いのかと聞く。しかし梓はよく考えて出した答え。
正直な気持という梓に、違うだろうと些細な口論になる。
もういいですと立去る優。

優は仕事で苛立ちを部下にぶつける。それはかつての先輩社員。
今までのような優ではない。
貴行と優は一緒に行動することが多くなる。除け者にされているような隆一。
結束を固める優と貴行。隆一はネットで盗聴器を購入。

隆一は社長室と取締役室に盗聴器を仕掛ける。
優が会社に戻ってくる。隆一は思わず部屋に置いてあった自転車を倒してパーツが外れる。

朝食の席でも意見の分かれる優と隆一。
その議論をじっと聞く貴行。隆一は意見を押し通す。

出社した優は自転車のパーツを付けたとき、植木鉢の土や葉が落ちているのを確認。
盗聴器に気づく。
元気のない優。ひかりは渋い顔の優に声をかける。ひかりといると素の優にもどれる。

優は社員たちに変わったと言われ、偉くなったもんだと距離を置かれる。
アウトレットモールで世話になったピザ屋に出かける優と梓。
あの頃の自分はダメダメだったと優。あの頃は青かったと思うという。
優は高田を妨害するものがあれば排除するべきと話す。

宗一郎に席順を確認をしてもらう梓。
そして最近の優が心配と言う。
仕事の魔力にとりこまれると全てを犠牲にして仕事に取り組んでしまうと宗一郎。
自分はとりこまれる前に踏みとどまった。大切なものを思い出したと言う。

取締役会が始まる直前。社員の生活を守ることを優先しなければならないと言った貴行。
会社の不利益になるなら役員クラスの人物でも解任すべきと貴行。その言葉を思い出す優。

役員会が終わる直前、隆一の解任を提案する優。
最近の隆一は普通ではないと優。盗聴器を取り出す。
言いがかりと隆一。防犯カメラに映っていることすら気づいていない隆一。

明後日は結婚式。招待客に粗相のないようにだけ考えろと貴行。
自分にがっかりしたかと聞く隆一。貴行は育て方は間違えたかもしれないという。

戻ってきた優に話しをする梓。実の兄を切ったこと追求する梓。
今のあなたは何処にでもいる優秀なビジネスマン。魅力のかけらもないと言い立去る。
後ろから抱きしめる優。ずっと側にいてほしいと言う。
告白しようとする優に、明後日あなたの兄と結婚するという梓。

家に帰る優。貴行と話す。貴行は後悔することはない、正しいと思うことをした、自分を責める必要はないと言う。
涙を堪える優。

隆一の結婚式をキャンセルし仕事を優先させる優。
隆一は式に現れない。挙式は中止。梓に謝る貴行。
一人教会でカインとアベルのステンドグラスを見つめ涙する梓。

仕事の魔力に取り込まれた隆一。優も取り込まれつつある。
大切なものを思い出した宗一郎。それは家族。そのおかげで取り込まれずにすんだ。
隆一も披露宴会場に現れ、泣き崩れる。

スポンサードリンク

第8話の感想

梓と隆一の結婚は順調に進む。しかし梓は、元気のない隆一を支えるために無理をしているよう。
そのことを指摘する優。勘違いしているのではと口論に。
気持を受けれ入れて貰えない苛立ちが仕事の苛立ちと繋がってくる。
社員目線で考える優の姿がなくなってくる。
黒沢の怪しさが全開。桃子の結婚相手とはいえ、何を企んでいるのかわからない。
独り言をぶつぶつ言う隆一。壊れ始めた兄。狂気じみた演技が素晴らしい。
エリートの転落。追い詰められた隆一はとんでもない方向へと。
優が偉くなった姿は、以前の優とは全く違い、その使い分けはお見事。
全てを暴露されてしおらしくなる隆一は叱られた子供のよう。
隆一が泣き崩れるシーンでは内なる隆一の気持が痛いほど伝わる。

 

 

 

第7話 ≪PREV | NEXT≫ 第9話

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

カインとアベル月9で山田涼介主演ドラマ。旧約聖書が原案の物語とは
好きな人がいることロケ地・衣装・主題歌・視聴率まとめ。誰と恋に?
好きな人がいること、第1話から最終回までのあらすじとネタバレ感想

 - 月・カインとアベル