Sclaps!

スクラップス!メディアで活躍する人の情報サイト

砂の塔の第6話あらすじとネタバレ感想。弓子と健一の過去とは一体?

11月18日放送の「砂の塔~知りすぎた隣人~」の第6話のあらすじ、ネタバレ感想。

第6話視聴率:10.1% 平均視聴率:9.62%

第6話あらすじ

和樹がハーメルン事件の犯人と疑われ、警察に事情聴取されて以来、亜紀と和樹の間には、溝ができたまま。家族と会話もせず、学校も休むという和樹を心配し、亜紀は健一に担任教師との面談に一緒に来て欲しいと頼む。しかし、健一は前夜に会った弓子のことが頭から離れず、心ここにあらず。しかも、健一のシャツには口紅のような赤いシミが…亜紀はまさかと思いながらも、浮気を疑う。 しかしその相手が弓子だとは、まったく思いもしていない。
そんな中、亜紀は弓子に夕食に誘われる。食事に誘われた相手が弓子とは知らず、健一は動揺を隠せない。実は健一と弓子の間には、過去に関係があったのだ。
さらにそこへ、新たな客が訪れる―。それは弓子が招いた生方だった!亜紀が生方を自宅に呼んでいたなどと、あおるように話す弓子。健一は、まんまと亜紀と生方の仲を疑い、気まずい雰囲気に…。
その後、亜紀は生方から、今までの不可解な出来事はすべて弓子が仕組んだ罠の可能性があると聞かされる。にわかには信じられない亜紀だが、弓子と健一のただならぬ様子を見てしまい…
弓子が自分に近づいたのは、健一を奪うため!?苛立ちを抑えきれなくなった亜紀は、弓子からプレゼントされたプリザーブドフラワーを投げ捨てる。すると、そこから盗聴用の小型マイクが……!

一方、ハーメルン事件の捜査を進める刑事・荒又は、捜査線上に浮かんできた弓子のもとを訪ねる。「なぜあのタワーマンションに現れた?一体、何が目的?」笑顔を湛える弓子。弓子の目的は、高野家の崩壊ではないのか?やはりハーメルン事件の犯人は、弓子…!?
次々と明らかになる隣人の完璧な策略!高野家を崩壊させようとする隣人の真の目的とは…バラバラになりかけた家族の絆を、亜紀は母として守ることができるのか!?

砂の塔~知りすぎた隣人~ 番組公式サイトより引用

スポンサードリンク

第6話のネタバレ

弓子と再会した健一。弓子はすごい偶然という。
和樹は亜紀の言葉をぼんやり思い出す。明日、学校を休むという。
健一はうわの空。平日に学校の先生との面談。少しぬけたいというが、武文は許さない。
すると弓子から電話。飲みに誘う弓子。昔なじみのバーに来るように言われる。

航平は荒又たちに弓子の事を話す。荒又は目的はなんだとつぶやく。

早く帰ると言った健一だったが弓子に誘われて遅くなる。健一のシャツに口紅が。

体操教室で、目線を合わさず、弓子について聞く航平。最近はあまり接触がないと言う。
もみじ狩りに行きたいとそら。もみじ狩りは亜紀と健一にとって大切な思い出。その時結婚したいと思ったとそらに話す。

武文にキャバクラに連れて行かれる。ママに声をかけると振り向いたのは弓子。
健一はまだこの仕事を続けているのかと聞く。
弓子の姿を遠くで見ている航平。弓子のボディガードに取り押さえられる。

健一は仕事が休めそうにないから面談には一人で行ってと言う。口紅が気になった亜紀は本当に仕事なのかと聞く。
その時、健一のスマホに「会えてうれしかった」とメッセージ。

弓子はきついことを言ったと謝る。亜紀に嫉妬していたと弓子。夫は女とニューヨークで暮らしていると話す。
きっかけはシャツに口紅がついていたからと言う。相手の女がわざと残したと話す。
亜紀は弓子を夕食に誘う。だったらウチにこないかと弓子。

和樹にメールすると食事会に参加すると返事。和樹がくるからと健一を誘う。
亜紀の夫の話しを聞く弓子。偶然同じ山岳部、最近マンションで出会ったと匂わす。
健一を出迎える弓子は他人のフリ。健一に目くばせする弓子。
弓子はサプライズでもう一人呼んでいると話す。
健一は亜紀に弓子との事を話そうとすると、航平が現れる。

はりつめた空気の食事会が始まる。
健一を紹介する弓子。航平は弓子の店からでてきた健一を見かけている。
さらに弓子は航平と亜紀は仲良し、以前も家に来ていたと話す。
先に帰る航平。追いかけて航平と話す。わざと混乱させるように自分を呼んだ、弓子の本性を話す。
さらに健一が店から出て来るのを見たと航平。以前からの知り合いのようだと話す。信じられない亜紀。
部屋にもどると、弓子と話す健一の会話を聞く。「弓子」と親しげに話しているのを聞いてしまう。

食事会は中止、弓子との関係を聞く亜紀。健一に近づくために引っ越してきたのではないかという。
弓子の策略に気づいた亜紀は、もらったフラワーアレンジメントを捨てる。すると中から盗聴器が。

亜紀は盗聴器を見せ、健一につきまとっているのかと聞く。おかしなことが起きたのは私がやったと弓子。
友達のフリして近づいたと弓子。平手打ちする亜紀。
あなたがいいお母さんの訳ないと弓子。

家に帰ると家探しをする亜紀に驚く健一。健一が頼りないからたぶらかされると亜紀。

弓子の店に来る荒又。今更あの家族を引っ掻き回してどうすると聞く。本当は何が目的かと聞く荒又。

もみじ狩りの日。和樹は模試。3人で出かける。健一の携帯がなるたび疑いの眼差しの亜紀。
口喧嘩になる。もう帰ると健一。離れた瞬間に弓子からメール。この前のバーで待っているとの内容。

そらはひとりでどんぐりを拾って山の中へ。航平と探す亜紀。
亜紀は携帯の充電も切れて、山の中で転ぶ。航平は健一に電話する。亜紀も迷子になったのではないかと話す。
そらも一人で山中をさまよう。

亜紀に怒っている健一。弓子に電話する。

戻ってきた健一、航平に迷惑をかけたことを謝り一緒に探す。
そらは川に近づかない、亜紀には迷ったら動くなと話していたと健一。
そらを見つけた航平、亜紀をみつけた健一。ふたりとも無事だと連絡をとりあう。
心配する健一の姿に、結婚したいと思ったときのことを思い出す亜紀。仲直りするふたり。

山を降りてきたふたり。そらはどんぐりに家族の顔を書く。仲良し家族と4つのどんぐりを並べる。
家族の絆は深まる。
涙目になりながらその姿をみつめる航平。

帰りの車中、健一は弓子と二度とあわないと亜紀に話す。タワーに引っ越してきてからプレッシャーだったと健一。そんな時に弓子と再会した。自分の帰る場所は亜紀の居る家だと話す。
亜紀は自分はダメダメだったと話す。ふたりで和樹のことに向き合おうと健一。

弓子はクリスマスツリーの柄の靴下をバーに置いたまま帰る。

そらが和樹は家族はちょろいと言うが、亜紀からのメールで気持ちが揺らぐ。

失踪していた女児が山中でみつかる。

航平の前に現れる弓子。私のストーカーをどうしてやめたとかと聞く。亜紀の家族は揺らがないと航平。
航平は大事なひとだからこそ幸せになってほしいと願うと言う。
弓子は嘘つきといい、夫婦の秘密と封筒を渡す。そうすれば亜紀は航平のものになるかもと話す。

面談に向かう健一。健一を呼び止める一人の人物。健一を探す亜紀。すると喫茶店に入る弓子と健一を見かける。
「弓子と会わない」と言ったのは弓子の指示。
バーに置いていった靴下をとりに行った健一。
ふたりだけの秘密と話す弓子。回想シーンは、血だらけの浴槽。その時の靴下は捨てられるわけないと弓子。

見つかった女児は一命をとりとめた。

スポンサードリンク

第6話の感想

女の嘘は女を騙せない、深い言葉。
弓子の計画が進行する。
健一と一緒に過ごす弓子はいつもの落ち着いた弓子でなく女性のふるまい。女の敵は女。
亜紀にいろいろと匂わせながらも知らないふりをする。健一にも他人のフリをして、亜紀に隠し事をさせるように仕向ける。
素直に話そうとするところに航平をけしかける抜群のタイミング。
弓子が本性を現し、攻撃に転ずる。複雑な目的が存在していそう。
山で迷った亜紀を助けにきた健一、謝る姿もすごくカッコイイ。
普段の頼りなげな健一はいない。夫婦の素敵なシーン。
和樹も根はいい子。悪ぶっているがやさしいお兄ちゃんも嘘ではない。
弓子と健一の過去は単なる付き合っていただけのことではない様子。事件が絡んでいるよう。

 

 

 

第5話 ≪PREV | NEXT≫ 第7話

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

砂の塔・知りすぎた隣人の佐々木弓子が仕組んだ罠のまとめと目的推測
砂の塔の原作は?菅野美穂、松嶋菜々子の極上サスペンスに期待大!
営業部長吉良奈津子の原作は?松嶋菜々子3年ぶり主演ドラマで挽回は

 - 金・砂の塔