Sclaps!

スクラップス!メディアで活躍する人の情報サイト

ラストコップ0第3話のネタバレと感想。30年ぶりの京極の恋の結末は

9月3日、10日、17日の3週連続そして10月から連ドラがスタートする「ラストコップ」のネタバレ感想。

2015年6月19日、日本テレビ「金曜ロードSHOW!特別ドラマスペシャル」を第1話としてスタートした「ラストコップ」。
この特別ドラマはHuluオリジナルドラマ第1弾として地上波で放送され、2話目以降からHuluで配信されていた。
ドイツの人気刑事ドラマの「DER LETZTE BULLE」(英題はTHE LAST COP)を日本でリメイクした作品。
原作では20年間、ドラマでは30年間眠っていた刑事が目を覚まし事件を解決する。
30年前と現在の違いが楽しめる作品。

※そのドラマスペシャルから、Huluで放送された全7話のネタバレです。ラストコップ祭、episode0は、この7話を再編成したもの。

スポンサードリンク

第3話のネタバレ

とある部屋に入る、フードを被った人物。寝ている老人の前に立つ。

孤独死の通報。先ほどの部屋の老人は心不全で亡くなる。
高齢者の孤独死について寂しく思い、自分のさらに30年後を想像する。
京極は母親の命日で、お墓参りに亮太と訪れる。
寝ている間に両親は亡くなっていた。天涯孤独だと京極。
帰りゆく京極の姿を見かける加奈子。加奈子もお墓参りに来ていた。

amazonで買い物を覚え勝手に買いまくる京極
遠藤が訪れ、飲み会が始まる。カグラの時の武勇伝を話す。
応援を呼ぼうという遠藤を振り切り一人カグラの元へ。
突入時の事を思い出しかけるが、パソコンをみつけたところで記憶が途切れる。

夜中眠る二人をよそに、遠藤は起き上がりあたりを見回す。

街に出ると、京極はいろんな人から声をかけられる。
そこに一人の老女。京極はこずえのの事を知っていて声をかける。
こずえのヘルパーの女性も現れ、最近物忘れがひどいと話す。
こずえが京極と呼ぶのを聞いたヘルパーの七海は、京極の武勇伝をずっと聞かされていたため、親近感を持つ。
京極と同じブルース・リーファン。
その話しで盛り上がる。一緒に散歩に行こうと腕を組み歩き出す七海。
その姿を見かける加奈子。怒って立ち去る。

七海とアドレスを交換した京極はにやけまくる。
すると、またも孤独死の通報。
老人の部屋に七海と映った写真。七海のいる介護サービスを利用していた。

結衣と食事する亮太。家族と京極と食事会を企てる。
涼太は、目隠し、ヘッドホンをつけて連れてくる。
加奈子たちも京極が来ることは知らされていなかった。
涼太も一緒に食事する。加奈子は結衣に説明してと話す。
人間関係を整理したいと結衣。京極は加奈子の元カレだと勘違い、そのため今後を考えてわだかまりを
解消しようという。その話にのっかる加奈子たち。
未だ加奈子に未練があるとおもう結衣は、新しい彼女を見つけて欲しいと話す。
帰り際、京極の新しい恋を応援する結衣。

七海にメールする京極。食事に誘う。
おしゃれした七海にみとれる京極。
楽しそうに会話するふたり。
七海は、母が亡くなる前に介護したことをきっかけにこの仕事をしたいと介護の世界に
飛び込んだという。
亮太と結衣もその様子を見にくる。
心配ないと店を出たふたりは、街なかで占いをしているおネエの清美と出会う。
京極の事を占ってと亮太。清美はカードを見て大慌てし、結果を話さない。

またも老人の孤独死。京極は部屋に飾ってある花に目をとめる。
亡くなった老人の家族は、亡くなったことは気の毒だが、介護の大変さから開放されたことに安堵する。
京極は今までの孤独死した老人の部屋すべてに花が飾ってあったことを思い出す。
ただの孤独死なのか疑問を持つ。

七海に事情を聞く京極。老人が自分が家族の重荷になっていると思っていたことを話す七海。
考えこむ京極は一人外に出かける。
京極を気にかけ悩む亮太に、遠藤は京極だったらどうするか考えてみてはとアドバイス。
七海の写真が飾ってあった家に聞き込みに行く亮太。
娘たちには苦労をかけたくないとプロの在宅介護を希望していた。そして七海にだけは心を開いていたと話す娘。

ヘルパーの会社で、亡くなった老人たちの資料を
確認する亮太。亡くなった老人たちの担当ヘルパーをしていた七海。
死因はすべて心不全。

家に帰った亮太は、言いづらそうに七海が事件に関与していると話す。
検死の結果、老人たちの体から、安楽死で使われる薬品が検出された。
会社の七海のパソコンから海外からその薬を買った購入履歴も見つかる。
刑事の勘で解っていたと京極。しかし勘が外れていて欲しい。
こずえも被害者になるかもと亮太。

こずえの枕元に花を置き薬を用意する七海。
電気をつける亮太。京極も現れる。
七海に好きだと伝える京極。そして、担当する老人たちはに会った京極。皆、七海に感謝していたと話す。七海の笑顔に救われたと京極。
七海は、自分の母を殺したと告白。
介護をしているうちに自分のやっていることは正しいのかと疑問を持つ。
病気の苦しさから、死なせてくれと嘆願していた母。
七海は苦しみから開放することを選んだ。
以後、苦しんでいる人がいるのではとヘルパーになった。
生かされる苦しみから開放してあげるのがやさしさと七海。
30年眠って、たくさんのことを失った京極は、七海から生きる希望をもらったと話す。
七海なら、命を奪うことではなく、希望を与えることができたと京極。
京極と早く出会いたかったと七海。
両手を出す七海、手錠をかける京極。

落ち込む京極。掛ける言葉のない亮太。
鈴木は京極を元気づけるために作戦をたてる。
商店街を往復させる亮太。みんなに声をかけられ、商店街のみんなからいろんな物を貰って戻ってきた京極。
また、京極に目隠しとヘッドフォン。

目を開けると京極の歓迎会の準備がされていた。
サオリは復活28日目の記念日といい、歓迎会をしてなかったと鈴木。
この状況に、亮太はどこのだれがひとりぼっちなのかと話す。
笑顔で京極をみつめる仲間たち。
俺の勘違いだったと京極。

帰宅した結衣。直前まで写真を見ていた加奈子。
加奈子が隠した写真を見る結衣。
京極、加奈子と結衣の3人の写真。
何故京極と自分が映っているのかと聞く結衣。
加奈子は本当の父親が京極だと話す。

スポンサードリンク

第3話の感想

写真を撮っただけなのに、拍手される京極。
孤独死について考え、30年後の自分と介護する亮太と想像。
亮太が卵を与えると、飛び起き、キレキレのダンス。工藤静香の振り付けまで披露。
コメディーがとても面白いこの作品。
amazonで買い物した京極は、アマゾンの奥地から送られてきたと勘違い。
ガグラを追うシーンでは、ヌンチャクから日本刀まで披露。
七海のアドレスを貰った京極はにやけまくり、座っているイスを数回まわす亮太。
立ち上がりコケにコケるシーンが面白い。
このコメディーと真剣さは唐沢寿明ならではの持ち味。さすがとしか言いようが無い。
それにのっかる窪田正孝の演技も素敵。おちゃらけキャラと、真剣に悩む姿を見事に演じる。

 

第2話 ≪PREV | NEXT≫ 第4話

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

SPYAIRがファイアスターターで完全復活!ラストコップ主題歌
時をかける少女、第1話から最終回までのあらすじとネタバレ感想
時をかける少女打ち切り?黒島、菊池、竹内ドラマ終了急展開と視聴率

 - 土・ラストコップ