Sclaps!

スクラップス!メディアで活躍する人の情報サイト

カインとアベル第6話のあらすじとネタバレ感想。焦る兄と前向な弟

カインとアベル大

11月21日放送の「カインとアベル」の第6話のあらすじ、ネタバレ感想。

第6話視聴率:9.0% 平均視聴率:8.02%

第6話のあらすじ

休日出勤していた優ゆう(山田涼介)は、矢作やはぎ梓あずさ(倉科カナ)に後ろから優しく抱きしめられた。しばらくこのままでいてほしいと頼む梓に、どう接していいのか分からない優。時間が経つと、梓は優から離れ、いつもの明るさに戻って残業を励まして帰ってしまった。
優が家に帰ると隆一りゅういち(桐谷健太)がいた。そして、ケンカをして以来、2人きりで初めての会話は以前と同じ。隆一は、梓との結婚準備が進んでいることに充実していると話し、優にも結婚を勧める。部屋に戻った優は、梓のことを考えた。その頃、梓は自宅マンションでぼんやりと過ごしていた。

翌朝も、隆一は貴行たかゆき(高嶋政伸)と結婚式の話をしている。隆一を見習えと貴行に言われてしまう優。しかし、貴行は新たなプロジェクトのプレゼンの話をしたいと優に会社への同行を求めた。
会社に着いて貴行と別れた優は、梓に会う。昨夜のことなどなかったかのように、いつもと変わらない様子であいさつする梓が優はますます分からない。

優が手掛けるプロジェクトの最終プレゼンは2週間後に迫っていた。梓をはじめ、メンバーにコンセプトを告げる。仕事を手分けして準備しようと話す優に、メンバーたちは快く応じる。団だん衛まもる(木下ほうか)は、そんな優の仕事ぶりを隆一に報告していた。
仕事を始めようとした優に、黒沢くろさわ幸助こうすけ(竹中直人)から電話が入った。黒沢と会った優は、隆一のバンコクでのプロジェクトについて意外なことを言われて驚愕する。

カインとアベル 番組公式サイトより引用

スポンサードリンク

第6話のネタバレ

リゾート開発プロジェクトを優に任せた貴行。
隆一は梓を縛り付ける。そんな貴行に、梓は優に後ろから抱きつく。
お願い、このままでと梓。しばらくして、優から離れ明るく頑張ってと声をかけ帰る梓。

家に戻った優に隆一に話しかける。結婚はいいものだと言い、年内には結婚するという。
隆一に変わったと笑顔で言う優。振り返って部屋に上がるときにはその笑顔は消えていた。

朝から隆一は結婚の話をする。食事を終えた貴行は、優と一緒に会社に。車でプレゼンの話をすると貴行。
しっかりやりなさいと貴行。

翌朝、会社で梓と会った優。昨夜の事が頭によぎる優。しかし梓は何事もなかったかのように接する。
優はしっかりとチームのリーダーして話す。その姿を笑顔で見つめる梓。

団は隆一に優はリーダーとしてひっぱっていると報告。気にかけてやってくれと言う隆一だが心は穏やかではない。

優に黒沢から電話が入る。黒沢に呼ばれある店に。貸し切りで黒沢と優しかいない。
なぜかリゾート開発のことを知っている。そして、バンコクで組んだ会社は間違いだったと黒沢。
出資した理由はペテン師呼ばわれされたから。桃子を愛しているからと話す。
黒沢は、貴行と隆一もダメ、守ろうとするほど会社は沈んでいくと話す。

桃子はバンコクから帰ってきて貴行に話す。貴行も自分の目でみたほうがいいと言う。
隆一は認められたのは優でもいい、これからバンコクをどうするかに高田の将来がかかっていると話す。

梓のドレス選びに隆一も同行。綺麗だと言う隆一。仕事を続けるか決めるのは梓、幸せにしたいと言う。
団は梓の結婚のことをみんなに公表する。祝福の拍手の中、優だけが乗り気でない拍手。
それをみているひかり。

HIROSEでひかりと食事する優。仕事が楽しいと優。皆が帰ったあと。ひかりは早希に気持を打ちあける。

プレゼン資料を13点もなおすことになった。今からでは厳しいがこれが成功すれば高田は発展すると優。
優は頭を下げ、皆は協力的に改善していく。
すると追加でまた直し。どんどんいい資料が出来ていく。
優と打ち合わせする梓を離れたところで見ている隆一。

梓の部屋に来た隆一。隆一の提案に嬉しそうにする梓。隆一は高田を守るため家に入って欲しいとお願いする。
私のことを縛っておきたいってこと?と疑問を投げかける梓。梓を押さえつける隆一。

帰宅した優。隆一は結婚式は12月に決めたと話す。そして仕事を辞めて貰うことにしたと隆一。梓は賛成したと言う。
信じられない優。仕事に人生をかけていると言った梓。優は梓を想い、悩む。

ひかりとじゃれあう優。そこに梓が現れる。梓は一瞬、嫉妬したような表情。
優はチームのみんなの為に食事の差し入れをお願いする。
ケータリングをする晴子(ドラマChef)

急な結婚だと話す宗一郎。計画的な隆一らしくないと言う。リーダーに必要な資質とはと聞く。
孤独に絶えられることと隆一。宗一郎はどれだけ大切な人間に出会えることを言う。
貴行になろうとしなくていい、隆一らしく進めばいいと宗一郎。

貴行に報告する優。貴行は優に無理してないかと聞く。やりがいがある、仲間が頑張ってくれているからと優、素敵な仲間がいるからと言う。
隆一も呼ばれ部屋に入ってくる。作戦会議と貴行。交渉の予想をたてる。そして最終的な合意の条件を話す。

宗一郎と食事する桃子。どちらも大切な孫と宗一郎。

いよいよプレゼンの日。優と梓は開発地へ。そして宿泊先へ。ホテルのロビーで元気のない梓。
団から優と梓が一緒だと聞く隆一。優のプレゼン資料を見つめ、梓の言葉がフラッシュバックする隆一。

気分転換に梓を散歩に誘う優。
仕事は楽しい、大変だけど充実感がえられると梓。それは優が貴行に言った言葉と同じ 。
本当に仕事を辞めるのかと聞く。この前の事を聞いてみる優。優の前だと素直になれると梓。
梓のことをもっと知りたいと優。涙を拭う優。
梓を見つめる優。夕陽の元見つめ合うふたり。

 

スポンサードリンク

第6話の感想

暗い部屋で思い悩む優の表情がカッコイイ。
ドレスを着た梓をみつめる隆一のまなざし。梓のまばゆい綺麗さに目を細める。
団は隆一と梓のことを公表。みんなは祝福の拍手。うかない優。それをみているひかりの切ない表情。
優と打ち合わせをしている梓の表情をみている隆一。その表情はとても不安げ。
梓を想い、ベッドに横になる優の苦悩の表情が素敵。
貴行を目指す隆一。ビジネスセンスのある宗一郎と優。それぞれは似ている。
優と梓のせつない夕陽のシーン。
そしてきゅんとするシーン。優が梓を見つめる目が色っぽい。
見つめ合うふたり、気持が溢れ出す優の瞳が素敵。

 

 

第5話 ≪PREV | NEXT≫ 第7話

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

カインとアベル月9で山田涼介主演ドラマ。旧約聖書が原案の物語とは
好きな人がいることロケ地・衣装・主題歌・視聴率まとめ。誰と恋に?
好きな人がいること、第1話から最終回までのあらすじとネタバレ感想

 - 月・カインとアベル