Sclaps!

スクラップス!メディアで活躍する人の情報サイト

IQ246第2話のあらすじとネタバレ感想。キルリストの正体とは?

10月23日放送の「IQ246~華麗なる事件簿~」の第2話のあらすじ、ネタバレ感想。

第2話視聴率:12.4% 平均視聴率:12.80%

第2話のあらすじ

若者を中心に流行中の漫画「キルリスト」を真似した連続自殺事件が発生する。
キルリストとは、法では裁けない悪人の名前をそのリストに書くと、悪魔が悪人を自殺に追い込むといった内容で、実際、過去に悪事をしたとおぼしき人たちが裁きを受けており、「殺しのリスト」が実在するのではないかとネットやワイドショーで話題になっていた。
その噂を知った沙羅駆(織田裕二)は、「悪魔が自殺に追いやったわけではない。れっきとした殺人だ」と言い放つ。

ちょうどその頃、都内で起きた3件のキルリスト事件の被害者は、過去に子供を虐待死させた容疑者という共通点が浮上。警察は被害状況から自殺だと判断するが、三人の死に興味を抱いた沙羅駆は、刑事の奏子(土屋太鳳)が引き止めるのも聞かず、執事の賢正(ディーン・フジオカ)と共に捜査に足を踏み入れる。

独自にキルリスト事件を追い始めた沙羅駆は、死んだ三人の共通点からある人物へとたどりつく。その人物は、塾講師の前川公平(佐藤隆太)。塾生から「前川っち」とニックネームを付けられるほど気さくな人柄の前川だが、実は、十年前に幼い妹を殺害され過去があり……。

IQ246~華麗なる事件簿~ 番組公式サイトより引用

スポンサードリンク

第2話のネタバレ

沙羅駆はまたも暇をもてあます。

塾で子どもたちに勉強を教える前川。ケーキを用意したり子どもたちに楽しく勉強を教える。
人気の先生。塾帰りの子どもに道を聞いて無理やり車に乗せようとする男。
男の顔に見憶えがある。車の中にはロープやガムテープが乗っていた。

家に帰る前川は一枚の写真を見る。妹つ写っている写真。妹は過去に事件に巻き込まれ命を落としている。
前川のスマホにあやしいメール。

自宅で薬を飲み自殺する男。男は再婚相手の子どもを虐待していた男。他にも子どもを虐待死させたものたちが次々と自殺。だれも大した裁きをうけていない。

マンガの「キルリスト」が実際にあるのではとウワサされている。
キルリストは、法で裁けない悪人の名前をリストに書くとその人物を悪魔が自殺に追い込むというもの。
沙羅駆はこれはれっきとした殺人と言う。

キルリストのサイトが見つかる。悪人リストと書かれたリストには、自殺した人の名前と方法が書かれてある。
沙羅駆はその中から事件性のあるものを瞬時に見抜いて調べに向かう。
森本のもとへ。注目した3人は薬物指紋から完全に同じ毒物を飲んでいることが解る。
すると奏子のもとにキルリストで抹殺したい人物の投票が始まる。
一位に上がったのは、「権藤十三」という名前の人物。奏子を上手く追い払い、その人物のもとへ向かう沙羅駆。

既に一位の男性は死亡。現場を見る沙羅駆。
子どもたちの間でもキルリストの話題。子どもたちはヒーロー扱いする。

権藤は誘拐を企てていた。そんな人間は自殺はしないと沙羅駆。
権藤は今までの死体と違って、クビにかきむしったあとがある。つまりこの人物だけ薬物が少なく、苦しめて殺したかったと森本。

墓参りにくる前川。13からのメールを受け取っている前川。
そこに沙羅駆が現れる。偶然を装い話しかけるが、前川の妹の話をする。権藤は、前川の妹が被害者となった誘拐殺人事件の容疑者。
殺人だと思っていると沙羅駆。
いつも命日に花を手向ける前川。しかし今年はそれより前、一連の事件の前にも花を手向けていたことを指摘視する沙羅駆。

前川はいつもどおり授業。沙羅駆は授業に乱入。前川の容姿や行動から居場所を簡単に突き止めた。
授業が終わり、話しかける。妹を殺した男が教え子を狙っていたことが驚いたでしょうと話す。
気づかなかったと前川。
沙羅駆は今回の事件は、たくさんの事件の中に殺人を隠した。同じ犯人なのはそのうちの4件だけ。虐待に関わった人物たち。
平日の昼間の殺人。塾も平日の昼間にはない。
殺人事件というがどうやって殺したのかと尋ねる前川。沙羅駆は今のところ謎は解けていないと話す。

沙羅駆に言われ被害者のマンションの防犯カメラをチェックするがそこには前川の姿はなかった。

キルリストのサイト運営者に事情を聞く、山田と今市。沙羅駆も許可を得て事情を聞く。
ファンサイトに潜入した沙羅駆。投票に関係なく権藤が選ばれていた。運営者も指示されてのこと。

頭の中で事件を整理する沙羅駆。碁を打つ。

前川の家に警察と名乗る男性が訪れる。ドアを開ける前川。警察官の格好をして訪ねれば、キルリストに怯える悪人でもドアを開ける。そのあと鍵をかけ、管理人に通報があったと話し、管理人にドアをあけさせる。管理人と中に入りそのすきに鍵を返す。

昔、警察官だった前川。法で裁けない悪人がいることに矛盾を感じていた。
しかしどうやって毒を飲ませた方法が解らない。話をふられた前川は思わず薬物の方をみる。
警察に持っていけば同じ薬物指紋が出ると沙羅駆。

二つの毒のうち一つを選ばせ飲ませる。もう一方は自分が飲む。飲まなければ刺し殺すと選択をせまり飲ませた。
同じことをしようと沙羅駆。
どちらのが死んでも不自然のない場所に移動するふたり。

ビンをふたつよういする。一つ選ぶ沙羅駆。4回連続で勝負に勝っている前川。最初から死なない薬を知っていて、視線や言葉で誘導した。前川は殺人犯と同じと沙羅駆。
それを知った上で薬を選ぶ沙羅駆。薬を飲む沙羅駆。しかし前川は飲まない。
謎はとけたと沙羅駆。その場を立去る。警察には通報しない。ケジメをつけたいならご自由にと言い残し。

子どもたちに謝り、毒を飲もうとする前川。賢正が直前で止め薬を押収。13から手に入れた薬。
その薬を返せと前川はナイフを向ける。後手をとる賢正。くずれおちる前川。
「あなたは一度死にました、子どもたちとやりなおしてはいかが」と沙羅駆からの伝言を伝える。

奏子を眠らせた沙羅駆。それは沙羅駆なりのやさしさのようだ。

13からメールが来る前川。罪を償うと返信。13は女性のようだ。

スポンサードリンク

第2話の感想

沙羅駆は暇すぎて蕎麦をうつ。思いのよらない暇の潰し方。
キルリストの話しから、「源氏物語」が出て来る優雅な沙羅駆。
六条御息所が出て来るところがさすが。
暇つぶしの謎解きをみつけたときの嬉しそうな沙羅駆の顔。おもちゃをみつけた子どものよう。
現場を見ていると入っちゃダメといわれて「ケチ」と返す沙羅駆がかわいい。
沙羅駆の天才ぶり、森本の賢さに劣らぬ頭脳の賢正。
奏子だけが世界が違う。ひとりまとはずれ。そこが奏子らしくてかわいい。
織田裕二とディーンフジオカ。二人並ぶと二人の顔の色の違いがはっきりする。
それにしても織田裕二が黒すぎるような気もする。沙羅駆の設定とうけとるべきか。
沙羅駆自体は知ってではないだろうが、ちょっとしたギャク。
山田のことを「古畑」と呼び、山田は古畑任三郎のモノマネ。
沙羅駆は天才だがいたずらっ子の姿が愛らしい。
「謎解きはティータイムのあとだ」のセリフ。どこかできいたことのあるようなフレーズ。
前川と対面する、賢正の身のこなしがかっこよすぎる。

 

 

第1話«PREV | NEXT»第3話

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

Q246、織田裕二主演ドラマの原作は?演出にも注目のミステリー
仰げば尊し、第1話から最終回のあらすじとネタバレ感想
砂の塔の原作は?菅野美穂、松嶋菜々子の極上サスペンスに期待大!

 - 日・IQ246