Sclaps!

スクラップス!メディアで活躍する人の情報サイト

神の舌を持つ男、第4話のあらすじネタバレ感想。不気味な毛毬唄

7月29日放送の「神の舌を持つ男」の第4話のあらすじ、ネタバレ感想。

第4話視聴率:5.3% 平均視聴率:5.93%

第4話のあらすじ

毛増村けましむら へと続く山道を走っている最中、蘭丸(向井理)はその道を歩くミヤビを発見!ようやく見つけたと喜ぶ蘭丸だったが、ミヤビは蘭丸を避けるように走り去ってしまう。さらに、突然目の前に落雷が!あえなくミヤビを見失ってしまう。
その時、土砂崩れに巻き込まれそうになった町子(臼田あさ美)を寛治(佐藤二朗)が間一髪で助ける。命拾いしたと喜んだのもつかの間、土砂の中に数体の白骨死体を見つけた光(木村文乃)が気絶し、町子の案内で蘭丸と寛治は光を運びながら村へと向かうことに。
村へ向かう道のあちこちでは、村人達が野菜や肉を手でちぎっている姿が。毛増村には、古くからの言い伝えでこの時期、村の刃物をすべて「雷神の祠」に封印し、刃物は一切使えないというのだ。町子は村長の赤池(きたろう)が営む旅館「波外ノ湯」へ三人を案内。赤池の妻で女将の栄子(真飛聖)は、3人を歓迎するが話題が白骨死体に及ぶと態度を一変させる。
そんな中、村の駐在警官・木村(野添義弘)が胸に刀を刺され死んでいるのが発見される。しかもその胸に刺さっていたのは、光の骨董刀!
「雷神寺」の住職・神村(石橋蓮司)は刀を村に持ち込んだ蘭丸らのせいで祟りが起きたと騒ぎ立て、3人を監禁しようとする。その後も村では不可解な殺人事件が連続し、ついに蘭丸らは監禁されることに……。
毛増村に隠された秘密とは!?横溝系2サスワールドが炸裂する!!

神の舌を持つ男 番組公式サイトより引用

スポンサードリンク

第4話のネタバレ

不気味な語りからはじまる。妻を寝取られたと嫉妬に狂った男は村中の男を刃物で殺したという。

雷が轟く山道。いつものように光のバンで村向う。ちょうど山道でミヤビとすれ違う。車をおり追いかける蘭丸。
ミヤビと入れ違いに上がってくる女性。ミヤビの去ったあと、土砂崩れが起きる。
土砂崩れに巻き込まれそうになった女性、町子を助ける寛治。

土砂崩れから無数の白骨がでてくる。町子の案内で村に向う3人。
途中ちぎり屋や、顔が真っ白なおばあさんなど奇妙な光景。
村に1軒という温泉宿に到着。さっきのお婆さんは双子で、この宿の仲居。宿のオーナーは村長。
いつものように無銭宿泊しようと話しだす寛治。しかし村長は平助を知らない。
幸い仲居たちが平助を知っていた。

光のバンに刀が乗っていたことが問題になる。今は刃物はを使っては行けない時期。蘭丸はそれより白骨死体のほうが問題というが、村長はそんなものはなかったと言いはる。
不気味な歌をうたう双子の仲居。

住職は白骨死体を雷神にあずかてもらうと祠に隠す。村長が指示。駐在さんは本庁に通報するという。

寛治も通報しないわけにはいかないという。女将が部屋に入ってくる。携帯の電波が入らないため、蘭丸は宿の電話を貸してというが、警察に通報するためと知ると食事でごまかされる。
食事の最中、刃無しの時期の話を聞く。村中の刃物はすべ集められ、雷神に祀る風習がある。町子は住職の娘。
昔は温泉客で賑わっていた。ミヤビの話をするととたん仲居は蘭丸たちのテーブルから離れる。

こっそり電話を使おうと受話器を取るが、電話線が切られてある。
翌朝、村長の息子とぶつかる。息子はドライバーを持っていたが、蘭丸にぶつかって落としてしまう。
そこに、女将もやってきて、村長を呼ぶ。駐在さんが光の刀で殺されていた。

住職はたたりだと言い、村長は否定する。そこに町子の妹、ミヤコが骸骨を蹴りながら、不気味な毛毬唄を歌いながらやってくる。
死体を運び出す村長。宿にもどると、町子と姉がお風呂を借りにやってきた。三助をする蘭丸。蘭丸は姉の体の調子から病気が長いと言い当てる。

次の日もちぎり料理を食べる蘭丸たち。隣のテーブルの男性客は突然苦しみだす。そのまま亡くなった男性。土砂崩れで救急車も警察も来れない。
光が勝手に部屋を調べ薬を持ってくる。蘭丸は薬から心臓が悪いということを話す。蘭丸は実は薬剤師。料理があやしいと言う光だが、3つ子の仲居たちは料理を片付けたあと。

住職は蘭丸たちのせいでたたりが起きたという。この村のある牢小屋に閉じ込められることに。通夜振る舞いの食事につられ、平助の通夜にきた寛治。寛治は香典泥棒を疑われる。蘭丸は寛治は犯人ではないという。香典袋からは寛治の指紋はでなかった。
そこからミヤビの話になる。ミヤビはなぜ平助の通夜に来ていて、蘭丸にキスしたのか。

食事を持ってきた仲居たち。仲居はミヤビ死んだ男の部屋に入り、薬を触っていたところを見たと言う。さらにスキンヘッドの男性も目撃。
心配した町子は蘭丸たちを助けに来た。仲居たちに取り押さえられる町子。町子は3人なら小屋を壊せるという。
光は馬鹿力で小屋を壊し、外にでる、仲居たちを倒し逃げる。町子は寛治は命の恩人だと助けに来た。

ものすごい身体能力で追いかけてくる仲居たち。さらに人数が増えている。洞穴のような場所に身を隠す。
町子はたたりを信じていない。この村で何があったか訪ねる蘭丸。

火を持った村人たちはよそ者を殺せと正気じゃない。

スポンサードリンク

第4話の感想

ミヤビがとうとう判明。
顔がでたとたん、再現のVTRもすべて顔出し。
村の奇妙な光景。歌も恐怖をあおるようなメロディ。
昔の言い伝えから刃物を一切使わない村人。
研究員の女性に「あるか?」と聞いて、「あります」と答える。どこかで聞いたようなセリフ。
朝目覚めると双子と思っていた仲居は3人に増えていた。驚きだ。
元宝塚の女将の、「牢小屋~」という声の美しさがハンパない。さすが元花組トップスター。
めちゃくちゃ音痴の蘭丸。寒いギャグに寒い歌。
牢小屋に食事を運ぶ仲居はまた一人増えて、4人になっていた。
追いかけていく仲居は機敏なうごきで人数が増えていく。
不気味なこの話は来週も続く。

 

 

第3話 ≪PREV | NEXT≫ 第5話

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

神の舌を持つ男の原作は?向井理主演ドラマとゲストサスペンス女王達
神の舌を持つ男、ロケ地・衣装・主題歌・視聴率まとめ。ミヤビは誰?
夏ドラ、7月期ドラマのまとめと視聴率。初回好スタート作品はどれ?

 - 2016年7月期ドラマ