Sclaps!

スクラップス!メディアで活躍する人の情報サイト

カインとアベルの第1話のあらすじとネタバレ感想。優の運命の出会い

10月17日放送の「カインとアベル」の第1話のあらすじ、ネタバレ感想。

第1話視聴率:8.8% 平均視聴率:8.80%

第1話のあらすじ

『高田総合地所株式会社』の創立50周年記念パーティーが行われている。しかし、その席に高田たかだ優ゆう(山田涼介)の姿がない。優は、社長の貴行たかゆき(高嶋政伸)の次男。優の兄で、副社長の隆一りゅういち(桐谷健太)が探しに行く。
優は、一社員として貴行の会社で働いている。だが、できる兄の隆一に何かと比較され、他の社員たちからも冷ややかな目で見られる存在だ。

優自身もわかっている。だから、この日も、一人で飲もうとしていた。優がシャンパンの栓を開けると、ある女性にかかってしまう。慌てて謝る優。その女性と飲んでいると、優は社員に発見され会場に連れ戻された。
貴行のスピーチの間も、優は隆一と比較されてばかりいた幼少期を思っていた。貴行の期待は隆一に集中。今でも、会社の重要な案件に優が意見を求められることは一切ない。

次の日、優は担当している土地の買い上げを地主が取りやめようとしていることを知らされる。地主に会いに行くが、取りつく島もない。だが、会社に戻ると、なぜか地主が売ることにしたと連絡してくる。裏で兄の隆一が動いた様子だった。
そんなできない優がアウトレットモール開発のプロジェクトチームの一員に選ばれた。これも隆一の一声があったから。素直に受け取れない優が、プロジェクトルームに行くと、パーティーの時に会った女性がいる。彼女は、矢作やはぎ梓あずさ(倉科カナ)。優と同じく高田総合地所の社員だったのだ。本社に異動してきたばかりだという梓は、チームのメンバーとして消極的な優を励ます。優は慣れないながらも、大きなプロジェクトに取り組むことになってしまう。

カインとアベル 番組公式サイトより引用

スポンサードリンク

第1話のネタバレ

高田総合地所株式会社の50周年記念パーティー。
優の姿を尋ねる父、貴行。優はシャンパン1本とグラスをくすねて、会場から離れたところで飲もうとする。
シャンパンをあけると一人の女性にかかってしまう。
そのまま離れた場所でふたりはシャンパンを飲む。仲良く飲んでいると、社長のスピーチが始まると社員が呼びに来る。
優秀な兄、隆一の姿をじっとみつめる優。社長の横には隆一。他の人達と同じ場所でみている優。

家に帰ると兄の隆一は優しく優に話しかける。その様子が気に入らないかのように怒る貴行。
きにするなと声をかける隆一。隆一は昔から勉強しなさいと貴行から厳しく言われていた。
遊ぶ優になぜ自分だけと疑問をぶつける子どもの隆一。貴行は優の前で、お前は高田を継ぐ人間、優とは違うと言う。

車で仕事に出かける隆一。その後ろを自転車で出勤する優。抜け道を駆使し車に追いついた優は中を覗き込む。
後部座席で仕事の電話をしている隆一。

優は仕事ではできる社員とは言えない。土地を売らないと言われ、追い返された優だったが、社にもどって上司に怒られていると、先程の客が土地を売ると言ってきた。副社長の隆一が配慮して話しをまとめたようだ。
優はアウトレットモールのプロジェクトチームの一員に選ばれる。

チームの一員に選ばれたのは隆一のおかげだろうと言う。隆一は優が必要と思うから推薦したという。
父に、隆一に迷惑をかけるなよと念をおされる。

翌日チームの会議に参加する優。そこで梓と再会する。副社長肝いりの大切なプロジェクトのリーダーの団は意気込む。
今月異動してきた梓。だから優は社員だと知らなかった。再会できて嬉しそうな優。

プロジェクトのために、目玉になる店を入れたい。名店を入れるために交渉にあたるチームのメンバー。
あるピザレストランでランチが終わるのを待ってオーナーに話しをする。
梓は最初からいい案をだす。そんな梓が目をつけた店にも断られるが出直すと頑張る。

隆一は橋本先生のお嬢さんとの縁談を貴行からすすめられる。家に帰る優。優に振り向きもしない貴行。

いくつかの店鋪の交渉がうまくいく。コンペでライバル社も同じコンセプトで勧める。
翌日も交渉に行く優だが、断られる。お金で交渉してはという隆一、優はお金で動く人間ではないという。

優の担当する店の契約はむずかしいかもと言う隆一、貴行は本当にそう思うかとつぶやく。
優は納得のいくように説得。しかしあしらわれ、何度も営業にでかける。梓も負けずに何度も交渉。

目星をつけた店鋪の中で決まらないのは優と梓の担当するお店のみ。頑張ろうと元気づける梓。
何度も交渉していくうちに、支度金をがっぽりもってくれば考えると意見を変える。職人だと信じていたオーナーから思いもよらない言葉。
優からお金の話しがでるのを待っていたという。だからジュニアは甘いんだよと嫌味を言われる。
隆一の言ったとおりの展開に、気を落として検討すると帰る優。

持ってきた支度金が気に入らないオーナー。二度と来るなと追い返される。帰る時、ピザの味が変わったと言い残し帰る。
隆一に交渉決裂した事を伝える団。優が上手くいかなかったことを知る。
優は隆一と自分とのことを考える。そして、会社にもどる。すると梓だけが会社に残っていた。
梓も仮契約が貰えず頑張っていた。優はプロジェクトをはずれようという。梓は一度の失敗で諦めるのと厳しい言葉をかける。
自分は絶対諦めないと言う。梓の姿をみた優は決意して机の下から箱を取り出す。
図面で解らないと言ったオーナーに、ジオラマを作ってお客さんの導線を示したいと思っていた。
ジオラマづくりを手伝う梓。梓の問題を聞く優。蕎麦屋の裏山の水しかつかわないと店長。運べばいいと優。
距離を縮める二人。梓はダンボールにくるまれ眠ってしまう。微笑ましく見つめる優。
朝になってやっと完成。

翌日ジオラマを持って訪ねる。ライバル会社と契約をしたとオーナー。ジオラマを見せることもできなかった。
電話で報告し、団に直帰して構わないと言われる。川辺でジオラマをみつめる優。ジオラマを壊す優。自分の無力さを思い知る。

ピザ屋の1号店があった店に来た優。既に店は売りに出されている。オーナーも訪れていた。
ピザの味が変わったことを聞く。そして担当を外れるから、この顔を見ることはないお世話になりましたと立ち去る優。

コンペの結果発表を待つ。電話をとる団。コンペは高田の勝ち。大喜びするチームのメンバーたち。
そのチームに優の姿はない。優はもとの部署にもどっていた。梓は優を連れ出す。
梓は完成したときの写真をオーナーをみせに行った。梓は、優のアドバイスの水を運ぶことを提案。出店をとりつけた。
ピザ屋のオーナーは優に会いたがっていたと伝え、立ち去る梓。

店でピザを振る舞うオーナー。優はその味が昔の味だと言う。トマトソースを昔のレシピにもどした。コストのことばかりを考えていた。美味しそうにピザを食べる優を見て、優の会社で出店すると話す。担当も優にもどれと憎まれ口のオーナー。

家に帰った隆一は、優にプロジェクトチームに戻ればと声をかける。

社長の元に一通の書類。バンコクで問題がったあったよう。
モモコと名乗る女性は勝手に社長室に押しかける。そこに父親も登場。姉と仲良くする父の姿を複雑な視線でみつめる貴行。

同僚のひかりと食事する優。優はひかりに仕事は面白いと言う。
優はひかりに、梓が変わっていると話す。眠る梓の顔を見つめる姿を差し入れをも持ってきてたひかりは目撃してしまう。
ひかりは優に片思いしている。

梓の家でお茶を飲む隆一。梓は優は不思議な魅力を持っていると話す。
隆一は後ろから梓を抱きしめる。隆一は今度父とあってもらいたいと梓に話す。

 

スポンサードリンク

第1話の感想

梓との出会い。胸にかかったシャンパンを普通に拭く優。
そんな出会は気まずいものだったが、仲良く話しをする。
隆一は優にやさしい。幼いころから遊ぶことを禁止され、会社を継ぐための教育をうけていた。
そんな境遇にありながら、弟には優しくせっする。完璧な兄に劣等感を感じる優。
貴行は会社のことしか頭にない会社人間。
隆一の気持などおかまいなしに跡取りにそだてる。
優にも貴行の邪魔をさせないように言う。優が帰宅しても声すらかけない。
しかし、隆一が優の話しをすると貴行は本当にそう思うかと意味深な言葉。
ジオラマ作りで優と梓の距離が縮まる。
優雅ジオラマを壊すシーンがせつない。悔しさが伝わってくる。
優の担当する店は優のおかげで出店を決意。優が頑なな気持を動かした。
ひかりは優が好き、優は梓が気になっている、梓は隆一と付き合っている。
隆一は優の存在が気になる。複雑な人間関係。
恋模様と家族関係。今後の展開が気になる。

 

 

 

概要 ≪PREV | NEXT≫ 第2話

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

カインとアベル月9で山田涼介主演ドラマ。旧約聖書が原案の物語とは
好きな人がいることロケ地・衣装・主題歌・視聴率まとめ。誰と恋に?
好きな人がいること、第1話から最終回までのあらすじとネタバレ感想

 - 月・カインとアベル