Sclaps!

スクラップス!メディアで活躍する人の情報サイト

スペシャリスト最終回のあらすじとネタバレ感想。小池の死で宅間は

スペシャリスト大3月17日放送の「スペシャリスト」の最終回のあらすじ、ネタバレ感想。

最終回のあらすじ

 ギャラリーの屋上に小池智英(山本裕典)を追い詰め、拳銃を向けた宅間善人(草彅剛)。追いかけてきた我妻真里亜(夏菜)、姉小路千波(南果歩)たちの目の前で、小池はビルから転落し、死亡する。
この件に対し、監察官の聴取が行なわれようとする中、一瞬の隙をついて宅間は逃走。宅間に容疑がかかっていることで、総合事犯対応係(仮称)は捜査からも外され、謹慎を命じられてしまう!
呆然とする千波たちに、滝道博喜(吹越満)は「本当に宅間が小池を殺害したと思うのか?」と問い、捜査一課が宅間を見つける前に、総合事犯対応係(仮称)で見つけ出すよう指示を出す。

その矢先、野方希望(和田正人)が、ネット上で宅間が“あるゲーム”を開始したことを突き止める!地下鉄、私鉄、バスなどを駆使し、都内を縦横無尽に駆けまわる宅間を、ネット上のヒントを手がかりに見つけ出す、というゲーム…。宅間は何のためにこんなゲームを仕掛けたのか?千波たちは真意をつかめないまま、宅間の行方を追い始める。

宅間を追う中で、徐々に明らかになっていく“我々”の正体。そして、10年間密かに生きていたことがわかった真里亜の父・我妻公昭(羽場裕一)は、なんのためにモグっていたのか?

最終回、これまで謎だったすべてのことが明らかになる…!そしてそれは誰もが驚く驚愕の真実だった!

スペシャリスト 番組公式サイト より引用

スポンサードリンク

最終回ネタバレ

小池を死なせてしまった宅間。

小池のポケットの中から毒物が発見された。一連の事件の犯人は小池と判明した。
しかし宅間のとった行為は過剰防衛となる可能性となり、逮捕される可能性が。

車の中で宅間の傷の手当をする真里亜。その様子を真里亜の父が監視する。父を追う真里亜。追いつけなかった。

車にもどると、宅間はいなくなっていた。宅間は逃亡した。

宅間に関わるすべての物を押収する。宅間の捜索にかかわらせて欲しいと申し出る千波。しかし、かなわない。

現場に父親がいたことを話す真里亜。
宅間のサイトがネットにアップされた。逃走する宅間を探すサイトだった。ゲームのような作りだ。
宅間をみつけたものには賞金が。宅間がにげきれば我々の情報を公開するゲーム。全国民を巻き込んだゲーム。

このゲームは宅間から千波たちにあてたメッセージも含まれていた。ゲームの終了時刻は小池が転落死してからちょうど24時間。

移動しながら、情報を流す宅間。一般人も宅間を探す。宅間がギャラリーに向かったと時刻、警察車両が近くにいた。
佐神が我々のことを宅間に話す映像が記録されていた。滝道にその事実をつきつける。

滝道は語る。我々が解体後、公にする一派と、封印する一派と別れた。この部署が発足されたのは、宅間を我々から守るため。真里亜の父は、封印する一派だったと。小池をあやつったのは、真里亜の父だという。真里亜の父をおびきだすためにゲームを仕掛けた宅間。真里亜に外れていいという滝道。しかし、真里亜の意思は固く、宅間に協力する。父を捕まえると。

美也子を守るため、宅間は戦いを挑む。

小池の所持品から、小池の死因は、転落によるものではなく、薬物によるものだった。持病の薬を美也子に盛られた毒と同じものにすり替えられていた。宅間を追う前に飲んでいた小池。

宅間と佐神と対峙するときに警察車両がきていたことから、警察内部にも我々がいることが判明。

宅間の行き先を特定し、駆けつける千波たち。

群衆の心理から、宅間狩りが始まる。宅間の本当の狙いは贖罪かもと言う長官。

宅間に近づく野方。宅間は発砲し、野方は倒れる。まわりはパニックに。野方の妙な行動。
包囲される宅間。しかしその様子を録画していた宅間。すべて野方が仕組んだことだった。宅間は犯人をおびき出すためのゲームを仕掛けていた。野方は防弾ベストをつけていた。以前から野方のあやしいと睨んでいた。野方しか出来得ないことが多かった。

小池をギャラリーまで連れて来て、宅間を狙えるように仕組ませた。屋上のギリギリまで誘導し、そこを野方が宅間を狙う作戦だった。宅間は小池に「殺さない」と言い逮捕するつもりだった。持病の薬に毒を仕込んだのも野方。

「あんたほどの犯罪の知識があるのに、なんであんたが犯罪者じゃないんだよ」

野方は宅間の才能を犯罪につかわないともったいないと言った。

今度は真里亜を誘拐した宅間。真里亜の父を呼び出す。父に疑問を投げる真里亜。
我々のメンバーの一部は密かに組織防衛のために犯罪者を利用している事を知った父。自分たちを守るため我々は、真里亜の命すら危険にさらすと判断し、死亡したことにして、我々の動きを監視する。

その話を聞く、我々の残党。それは滝道だった。真の黒幕は滝道だった。我々の基本理念をつくる元になったものを書いたのが美也子だとしっていたのは、滝道だけだった。手駒になる犯罪者を作りたい滝道。すべてつくられた筋書き。

宅間はある人の行動、ある人の声が宅間を刑事でいつづけさせるという。それは千波のことだった。だから、宅間はそっちがわにはいかないと言い切る。宅間を撃つ滝道。宅間は倒れる。駆け寄る千波。

宅間は防弾ベストをつけていた。無茶しすぎという千波だが、宅間は必ず千波が駆けつけてくれると信じていた。

滝道は毒を飲み倒れる。

翌日の新聞には我々のことはのっていなかった。
あらなた我々が出来ないように監視し続ける長官。

すべてが終わったら、家族と浜辺で過ごしたいと言っていた宅間。美也子はまだ目を覚まさない。浜辺で一人涙する宅間。

美也子をみつめる千波。美也子は目を覚ました。それを伝えにくる千波。宅間は笑う。

スポンサードリンク

最終回の感想

頭のいい宅間は、自分を囮に警察を動かそうとゲームを仕掛ける。警察上層部、真里亜の父も関わる我々。美也子のネックレスを握りしめる宅間。きちっと闇と立ち向かう。
宅間は、闇に引き込まれないように強い意思をもっている。みずからを囮にすべての真相を明らかにしようとする宅間。宅間の仕掛けたゲームは鮮やかで、犯人をおびき寄せ、逮捕させた。
千波の強い生き方、強い意思が宅間を刑事でいつづけさせる。宅間にとっては千波も大切な存在。美也子は最後にはっきりと目をさますシーンはないが、宅間の笑顔でこれから幸せになることは想像できる。

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

スペシャリストの視聴率は?最終回までの展開とネタバレ。草彅剛勝利
グッドパートナー竹野内豊主演のドラマの原作は?サブキャストに注目
スペシャリスト9話あらすじとネタバレ感想。宅間は佐神とひとり対峙

 - 2016年1月期ドラマ