Sclaps!

スクラップス!メディアで活躍する人の情報サイト

ナオミとカナコ最終回のあらすじとネタバレ感想。ふたりは逃げ切るか

ナオミとカナコ大

3月17日放送の「ナオミとカナコ」の最終回のあらすじ、ネタバレ感想。

最終回あらすじ

小田直美(広末涼子)と服部加奈子(内田有紀)の前に現れた刑事の鍋島(モロ師岡)は、加奈子を促すと、任意とはいえ、有無を言わせぬ威圧感で警察車両に乗せた。走り去る車を、直美はただ見送るしかない。そこへ服部陽子(吉田羊)が来て、警察に決定的な証拠となりうるマンションとATMの防犯カメラの映像を提出したこと、替え玉にした林竜輝(佐藤隆太)の存在を明かしたことを告げる。加奈子は必ず自白するだろうと自信を見せる陽子に、直美は言葉を失った。

その後、直美は李朱美(高畑淳子)の元へ駆け込むと、頼れるのは李社長しかいない、自分たちを助けてくれ、と訴える。朱美は試すように、警察は服部達郎(佐藤隆太/二役)の死体をすぐに見つけるだろうと言った。直美は、ついにすべてを打ち明け、その上でもう一度助けてくれ、と頭を下げた。朱美は、そんな直美を凝視する。
同じ頃、加奈子は鍋島から厳しい取り調べを受けていた。陽子が直美に言った通り、警察は林を達郎の替え玉にしたことまでもつかんでいた。加奈子は黙り込むが、鍋島はふたりの友情に付け込み、正直に話せば共犯者の直美にも情状酌量の余地があると仕掛けてくる。加奈子は心身ともに追い詰められ……。

一方の陽子は、林が身を潜めていたホテルを突き止め、対峙した林に直美と加奈子が殺人者であることを明かす。さらに、自分は味方だと主張し、今警察に知っていることをすべて話せば、林にとって有利な証言をして助けることができると持ち掛け、林を動揺させる。
直美と加奈子の最後の決断、それは本当の意味でふたりを解き放つのか……。

ナオミとカナコ 番組公式サイト より引用

スポンサードリンク

最終回ネタバレ

連行されるカナコ。「大丈夫、何も話さない」とナオミに言って車に乗り込む。

防犯カメラや林のことを警察に話したと言う陽子。「あなたたちはもう終わりよ」とナオミ言う。

コインロッカーに自分とカナコの荷物を預け、李社長のところへ駆け出すナオミ。

取り調べで、以前達郎と付き合っていた女性が陽子を襲ったことを聞かされ、DVされていたのだろうと聞く刑事。だから達郎を殺したのではないかと。あの晩の防犯カメラの写真をみせられるカナコ。ATMの写真も見せられる。様子がおかしいという刑事。

助けを求めるナオミ。すべてを李に話す。李は死体が見つかれば終わりだという。カナコの妊娠を告げ、助けたいというナオミ。

林はカナコのことを考えていた。林のもとを訪れる陽子たち。カナコとナオミに頼まれて助けに来たという。2人は弟を殺した殺人者。警察にこの事件のことを話すよう説得する。

カナコの取り調べは林のことにまで及んだ。林を替え玉にしたことを追求する。高速に乗った証拠も突きつけられる。三国峠に埋めたのではないかという刑事。正直に話せばナオミの罪も軽くなるという。後がないカナコ。しかし、李社長のはからいにより、カナコは解放される。

女に暴力ふるう男は殺してしまえという李の理念。そして捕まらない方法考えなさいとも言った。人生マイナスになってはダメだと話す李社長。そういって上海へのチケットを渡す。李の友達のを頼って行きなさいと。
2人は妹、家族を守るのは当たり前と優しさがあふれる。

李のもとに陽子が現れる。李の元にも警察がくると脅しをかける。自分が犯罪者になってまで助けるつもり?と尋ねる。あしらおうとする李に陽子は動じない。

林からカナコに渡すように言われた手紙を手渡すナオミ。手紙は中国語で読めなかったが、カナコの幸せを願っていることだけは伝わった。

いよいよ空港へ向かうふたり。警察に行くように言われているはずと近寄る陽子。死体がみつかれば逮捕状がおり、あたなたちを逮捕すると言う。
陽子を警戒し、手をうたなければならないという李社長。

空港に到着したふたり。そこには陽子達の姿が。カナコの携帯に仕掛けられたGPSで二人の行動は見ぬかれていた。少しで捕まるというところで、林があらわれ、李から預かった新しいチケットを2人に渡す。すべてを聞いた林だが、カナコに逃げ切って欲しいという。今度はそのGPSを持って林が陽子たちを誘導する。

羽田から上海をめざすふたり。
警察から遺体が発見されたと陽子のもとに電話が入る。羽田から国外に逃亡しようとしていると警察に伝える。

陽子たちも羽田へ向かう。
ナオミに謝るカナコ。私達は一生罪を背負っていかなければいけないというナオミ。でも後悔はしてないと。

「逃げよう、そして生きよう」とナオミ。

先に出国審査を終えるカナコ。次はナオミの番。そこへ、陽子、警察が空港へ現れる。ナオミの出国審査が手こずり、ヒヤりとする。

登場手続きは終了し、陽子たちは間に合わなかった。そこに逮捕状がおりたと電話が入る。
急いでふたりのもとへ向かう警察。

笑顔で歩く二人。

パトカーのサイレンがなり、陽子は笑顔のような表情をみせる。

スポンサードリンク

最終回の感想

すべてが明るみになり、追いつめられていくナオミとカナコ。なりふりかまってられない。
カナコを助けたいナオミ。カナコは決して口を割らない。いつ話すかとハラハラした。
李はさすが顔が広く、やり手だけあって、たくさんの切り札をもっていた。李社長の魅力爆発だ。わざと弁護士を解任させるおちゃめさ。ナオミとカナコにご飯を食べさせ、まるで母親のよう。愛情に満ち溢れた社長。「2人は妹、家族」というシーンはとても感動させられる。
陽子も弟への愛情、信念はブレない。
林はカナコのことを本当に思っていた。
悲しみにくれる陽子。どこかで達郎が死んだことを認めたくなかったように思う。
最後は、みるものの想像次第という結末。
陽子の表情は笑顔なのか諦めの失笑なのか。受け取り方によって結末は変わる。

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

ナオミとカナコの視聴率は?最終回への展開ネタバレ。ドラマ枠廃止か
早子先生、結婚するって本当ですか?松下奈緒主演ドラマと原作ブログ
ナオミとカナコ9話あらすじとネタバレ感想。決裂した2人の行く末は

 - 2016年1月期ドラマ