Sclaps!

スクラップス!メディアで活躍する人の情報サイト

ナオミとカナコ9話あらすじとネタバレ感想。決裂した2人の行く末は

3月10日放送の「ナオミとカナコ」の第9話のあらすじ、ネタバレ感想。

第9話あらすじ

ここまで、何が起こっても揺るがなかった小田直美(広末涼子)と服部加奈子(内田有紀)の友情が決定的に決裂し、部屋に残された加奈子は抜け殻のようになっていた。どう声を掛けていいかわからない林竜輝(佐藤隆太)に、加奈子は別れを告げる。
その頃、服部陽子(吉田羊)は、興信所の三枝(前川泰之)と、直美の家で違法に盗聴した音声データを分析していた。「達郎(佐藤隆太/二役).がいない」という意味が状況的にすんなりのみ込めない陽子だが、三枝は、まず林が何者なのかを知る必要があると話し、陽子は追及の手をますます強めていく。

マンションに戻った加奈子は、直美の携帯電話にコールするが、留守番電話に切り替わる。加奈子はそこに、涙ながらに謝罪の言葉を残す。そんな時、突然の吐き気が再び加奈子を襲った。加奈子のことが許せない直美は、携帯電話から加奈子の連絡先を削除してしまう。
次の日、加奈子は李商会に出勤したが、発熱と倦怠感、直美との決別で憔悴しきっていた。それを見た李朱美(高畑淳子)は、どんな病気でも治すという漢方薬を加奈子に手渡した。

一方、直美はホテルにいる林を呼び出すと、加奈子との関係について言及するつもりは一切ないが、日本にいてもらうのは困るから、中国に帰ってくれと頼む。林は、自分がいることで加奈子が苦しむなら帰ってもいいが、ひとつ頼みがあると言い…。

ナオミとカナコ 公式サイト より引用

スポンサードリンク

第9話のネタバレ

林をかくまっていたのかカナコと知るナオミ。林に別れを告げ、その場から去るカナコ。2人の間に溝ができる。

カナコの連絡先を削除するナオミ。翌日、林に会いたいと電話する。

カナコは体調が優れない。李商会には別の人をやるナオミ。

林と中国に帰るように説得するナオミに林はカナコと仲直りするようにと条件をだす。最後にカナコに手紙を渡して欲しいとお願いする。

カナコは妊娠していた。達郎との子供だ。

陽子は街でみかけた男が林であることを突き止める。家路につく陽子の後ろをつける怪しい影。

林のチケットを手配し、空港で待ちわせる電話をするナオミ。その場所と時間も陽子たちに盗聴されていた。
少し早くついた林の前に陽子と探偵が現れる。達郎でないことに困惑する陽子のもとに無言電話がかかる。相手が達郎と思い込んだ陽子は一方的に待ち合わせの約束をする。

その様子を目撃するナオミ。林の中国行きは延期された。

自宅に戻り盗聴器を発見するナオミ。

待ち合わせた公園で陽子は襲われる。探偵によって助けられた陽子。おそったのは以前達郎が付き合っていた相手。達郎のDVに苦しんだことを暴露する女性。

陽子は達郎がDVだったことを知る。カナコの顔のあざもそのせいだったと察する。

金曜日の防犯カメラを陽子が確認すると言い出す。データの保存期間は過ぎても、本社にデータが残っていた。達郎が戻っていないことや、何かを捨てに行く2人の様子が記録されていた。ショックで倒れる陽子。

陽子が真相にたどり着いたことを告げにナオミのもとへカナコは現れる。ナオミに逃げるように告げるカナコ。帰ろうとするカナコを引き止めたはずみでバックの中の母子手帳をみてカナコの妊娠を知る。産む決意をしたカナコ。

陽子はカナコに詰め寄る。達郎を殺したこと、DVを受けていたこと、林のこと。陽子は自殺するシナリオをすすめる。達郎を殺してないと一貫するカナコ。掴みかかる陽子。それでカナコはブレない。

翌日カナコの前に現れる。「一緒に逃げるよ」
一緒に逃げて、一緒に子供を育てようと言葉をかける。

空港へ向かおうとマンションをでたところで警察に呼び止められる。
その後ろには陽子の姿もあった。

スポンサードリンク

第9話の感想

とうとう達郎のDVが明らかになる。カナコの母性があふれでる。足手まといになる自分を置いて一人で逃げるように言う友情。感動のシーン。帰るときの決意をしたカナコの表情がすごくいい。母は強いというが、陽子と向き合うカナコは強くなっていた。
陽子の弟への家族へ愛も悲しい。離れ離れの結末を選んだかのようだが、ナオミとカナコの友情はかたかった。このまま陽子の手を逃れて逃げ切れるのか、逃げ切って欲しい。

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

ナオミとカナコの視聴率は?最終回への展開ネタバレ。ドラマ枠廃止か
早子先生、結婚するって本当ですか?松下奈緒主演ドラマと原作ブログ
ヒガンバナ視聴率は?最終回までの展開ネタバレ堀北真希は悪夢払拭?

 - 2016年1月期ドラマ