Sclaps!

スクラップス!メディアで活躍する人の情報サイト

家族ノカタチ9話のあらすじとネタバレ感想。佐々木に春が訪れる?

3月13日放送の「家族ノカタチ」の第9話のあらすじ、ネタバレ感想。

第9話のあらすじ

恵(水野美紀)の看護学校合格祝いをかねた陽三(西田敏行)浩太(髙田彪我)らの送別会パーティーも一段落、大介(香取慎吾)が、いつ焼津へ帰るのか陽三に聞いたところ、突然、陽三は死期が近づいていることを告白。医師で陽三の旧友・シゲ(森本レオ)によると、進行性の肺がんで、がん細胞が身体のあちらこちらに転移しているという。夏まで生きられるかわからないという言葉に、葉菜子(上野樹里)律子(風吹ジュン)らは絶句する。一方、大介は至って平静を装うのだが…。

 そんなある日、大介らが開発に関わった商品がベストデザイン賞に選出された。社内報で取り上げたいと、広報部の取材を受ける企画開発部の面々。そのとき、取材に来ていた広報部の女性社員・加絵(我妻三輪子)が「私のことを覚えていますか?」と佐々木(荒川良々)に声をかけてきた。加絵に覚えのない佐々木だったが、実は、先日のお見合いパーティーに、加絵も参加していたという。

家族ノカタチ 番組公式サイトより 引用

スポンサードリンク

第9話のネタバレ

陽三の死期が近いことを知った大介は何事も作り笑いで乗り越える。

ベストデザイン賞を受賞したことで、取材に訪れたカメラマンの女性は、佐々木に「私の事覚えてませんか」と尋ねる。

大介を心配する葉菜子も仕事がうわの空。
フラれたことをみんなに報告する莉奈。

陽三の死期を受け入れられない大介。

恵は諦めないと必死になる。浩太も辛い表情。

シゲと話をする大介。シゲは以前ら知っていたが口止めされていた。大介と暮らせたことで、だいぶ持ち直したという。陽三の大介への思いを伝えるシゲ。残りの時間は大介のそばで。と話す。

律子は葉菜子の気持ちを察する。

浩太を優しいまなざしでみつける陽三。それをみつめる大介。から元気が痛々しい。

カメラマンの子は、お見合いパーティーで佐々木出会い、その時に佐々木に好意を持っていたという。
彼女にアプローチをかける佐々木。

律子は陽三に「怖くないの」と尋ねる。陽三は怖いというが、そのうち悟る。寿命だと受け入れ、残された時間は家族といたいと。

葉菜子を心配する高瀬。陽三の病気のことを話す。
葉菜子の家に訪れた莉奈も陽三の病気のことを知る。

いつもと変わらず過ごす大介。
「死ぬってどういうこと」浩太は口を開く。
死んで、土に帰って栄養になる。そして新しい命になるととく陽三。死ぬことは普通のことだと話す。
傍らでその話に聞き入る大介。どうにもならない悲しみに苛立つ大介。

大介に病気でなくなった父の話をする高瀬。ドイツにいる父は会えずに亡くなった。遠いというのは言い訳だと話す。葉菜子にこれ以上心配かけないように話す。

葉菜子を呼び出す高瀬。大介が好きなんだろうと切り出す。好きなのかわからない葉菜子に、側にいたいと思う気持ち以外何が必要?と尋ねる。

大介と葉菜子お互いに気持ちが向かい始める。
大介のしんどい気持ちを葉菜子に打ち明ける番だとはなす葉菜子。気持ちを打ち明ける大介。葉菜子は作り笑いをやめるように言う。素直になれない大介。
元気なときは、早く帰って欲しいと願っていたのに、今は陽三が亡くなって一人になることが怖いと話す大介。
そんなときはエレベーターでひとつ上に来ればいいと話す葉菜子。
葉菜子を抱きしめる大介。

佐々木にも春がきた。

ほんのすこしだけ素直になった大介。陽三が家にいること受け入れる。
家族写真を撮ろうといった陽三の願いを叶える大介。にこやかな家族写真。

やっと笑った大介、でもその日が来た時に笑える自信はない。

スポンサードリンク

 

第9話の感想

陽三が浩太を見つめる眼差しは愛情にあふれていて、さすがベテランという演技。またその優しさが死期が近いことで切なく悲しい。浩太も口には出さないが、大切な人との別れが伝わってくる。
感情をフラットにたもとうとする大介の演技も見ていて悲しい。素直に悲しむ浩太に対象的な大介が、気持ちを上手く表せずにいるシーンは、せつない。
葉菜子のおかげでやっと笑えるようになった大介だが、陽三の死期が近づいている今はつかの間の微笑みではかない。

 

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

家族ノカタチ視聴率は?最終回までの展開とネタバレと香取慎吾が心配
「99.9」 松本潤がTBSドラマで弁護士役初挑戦、ドラマの原作は
スペシャリストの視聴率は?最終回までの展開とネタバレ。草彅剛勝利

 - 2016年1月期ドラマ