Sclaps!

スクラップス!メディアで活躍する人の情報サイト

ヒガンバナ最終回のあらすじとネタバレ感想。七課を阻む闇が解らかに

ヒガンバナ大

3月16日放送の「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」の最終回のあらすじ、ネタバレ感想。

最終回あらすじ

資産家・長井清(久保晶)の殺害容疑で弁護士の道重(山中聡)と長井の娘を名乗る女・優香(新妻聖子)が逮捕された。あまりにも早すぎる不可解な逮捕に渚(堀北真希)たちヒガンバナの面々は、神藤(佐野史郎)やすみれ(大地真央)ら警視庁上層部からの見えない圧力を感じ取っていた。しかし、“ヒガンバナが解散”の危機に晒されていると知った渚らは捜査を続けることを決意。真実を暴こうと結束を固めるのであった。

捜査を進めると、晴子(斉藤由貴)が家政婦として担当した資産家が10年間で複数人亡くなっていたことが判明。渚と雪乃(檀れい)は、その中でも晴子と同じ姓で彼女の顧客だった男性の遺族を訪ね、その息子・裕喜(飯田基祐)からの証言で、喜一郎は晴子と結婚の約束をしており、全財産を譲るという遺言を遺して死亡していたことがわかった。

警視庁に都合の悪い事実を隠ぺいしようとする神藤の方針に疑問を抱いた北条(平山浩行)と黒田(木本武宏)も“ヒガンバナ”と共に捜査に加わることを決意。果たして、渚たちは長井を殺した“犯人”とその背後にある真実を明らかにすることができるのか!?そして事件のすべてを知った渚・雪乃たちがすみれに対して出した結論とは…。

ヒガンバナ~警視庁捜査七課~ 番組公式サイト より引用

スポンサードリンク

最終回のネタバレ

資産家殺人事件は、長井の娘優香の弁護士が犯人として報道された。優香も関与していると。

捜査妨害されて悔しい雪乃。幸子も凛は今回は協力できないと言う。

記者発表が早過ぎると、北条に噛みつく雪乃。

すみれは今回のことについて考える。海原を敵にまわすとまずい立場になる様子。

2人でのむ渚と雪乃。そこに薫子と凛が話にくる。七課の仲間が左遷されるとのことだ。

いつもの食堂を拠点に捜査を始める七課。

3回も結婚している晴子。しかも3人とも資産家。海原が斡旋している。
晴子の苗字と同じ藤村という被害者遺族がいることに気づき、話を聞きにいく。
親身になって接する晴子はその藤村と結婚する約束をしていたと、遺言にはその遺産をすべて晴子に譲ると書かれていた。

神部の遺品の中から、晴子からの手紙がみつかる。晴子も神部に騙されていた。

20年前、裏金作りがされているという告発があり、原稿があったが、もみ消されていた。そこにはすみれや神藤や久米の名前が。当時会計課にいた海原が関与。

晴子は遺産を強要したことはないと言う。親身に世話をするうちに恋愛となったと。神部にあてた手紙をつきつける。息子のいない晴子が息子のためにお金を要求した内容の手紙だった。詐欺ではないのかと追求。そこも上手くかわす晴子。

晴子から何の悪意も感じなかったという渚。

北条に神部のことをお願いする雪乃。北条は昔とかわってしまっていた。

謙人と渚の事件があった場所で話す二人。渚の父が刺された事件により、裏金の事件がもみ消されたと気づく。偶然ではないと確信する渚。

30年前の晴子の写真を手に入れた幸子。全く別人。整形していた。施設でそだち、男運も最悪で、つらい身の上。そんな人生を送ってきた晴子だから悪意もなく人を騙したと結論付ける渚。

そこに北条と黒田があらわれ、捜査に協力するという。

海原について調べる黒田。会計処理をしていた海原を解雇することにより、自分たち身をまもった神藤たち。
資産家長井の事件の犯人は誰?と初心にかえる薫子。盗まれた金庫に遺言が入っていたのではないかと考える渚。

東野が復帰。凛と東野との恋愛もいい感じ。

もう一度現場に戻り、シンクロする渚。

「おまえなんか家族じゃない」

長井の家に強盗に入ったのは遺産を騙し取られた藤村の息子だった。公正証書役場で二人をみかけた息子は、同じように騙し取られると長井に話しに行く。金庫の中に遺言が入っていると思い盗んだ。しかし、そのもみ合いの時には長井のチューブは外れておらず、生きていたという。
公正証書について調べる幸子たち。公正証書は完成していなかった。

藤村の息子が自供したと晴子に伝える。孤独につけこんで遺言まで書かせたと言う渚。だましてないという晴子。
藤村の息子から晴子が詐欺師だと聞いた長井は、晴子に遺産を渡さないため、自らチューブを抜いた。シンクロした言葉は長井が晴子に言った言葉だった。
逮捕されないと余裕の笑みでたちさる晴子。

藤村が容疑をみめたことを神藤に伝えた北条。しかし、警察は犯人は弁護士と優香で押し通すと言い切る。そのことを伝えにきた雪乃と北条は痴話喧嘩を始める。
警察が動かないなら、被害者を動かせばいいとアドバイスする謙人。

マスコミに報道がながれ、海原は立腹する。晴子のもとにもマスコミが。

このことについて記者会見するように言われるすみれ。マニュアルとおりに。
すみれの前に現れる七課のメンバー。組織に従ったことでヒガンバナがある、こうするしかなかったと言うすみれ。考えをかえるつもりはないという。
すみれの頬をぶつ雪乃。「そうやって悲劇のヒロインみたいな顔してるからオヤジたちのいいように使われるんだよ」雪乃の正義感。

会見でだまりこむすみれ。決心する。20年前の不正事件と来宮の死について語り出す。海原の悪事もすべて公表する。来宮はすみれのミスにより命を落としたことも。

海原を逮捕する一課。晴子をおいつめる七課。

凛と東野は結婚。薫子は凛が妊娠していることを話す。ブーケトス。ブーケは渚の手に。

雪乃と北条も再び恋の予感。

渚と謙人も恋に発展するのか・・

 

スポンサードリンク

最終回の感想

上からの圧力にまけず、動き続ける七課。渚に協力する謙人。渚も謙人を信頼している。
雪乃と北条の繋がりも、時間とともに変わっていく。しかし、そんな雪乃に協力する北条はまだ雪乃に対する気持ちが残っていた。
長年にわたり騙し続け、遺産を手にした晴子。かなりの信念がないとそこまでは出来ないだろう。暗い過去がそうさせた哀れな人物。
最後にヒガンバナを守ったすみれ。女の強さをみせつける。
最後にマジで勘弁といって謙人のもとから立ち去った渚は、すこし微笑んでいた。きっともっと近い存在になっていくだろう。

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

ヒガンバナ視聴率は?最終回までの展開ネタバレ堀北真希は悪夢払拭?
世界一難しい恋で大野智が主演のドラマの原作と主題歌と役どころは?
ヒガンバナ9話あらすじとネタバレ感想。資産家の死と20年前の事件

 - 2016年1月期ドラマ